スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山美樹音さん宅訪問記 「あたらしい工房編」

.20 2009 試聴会 comment(0) trackback(0)
ちょうど大山さん宅を訪問させていただいた時には、新しい工房に工作機械が入ったところでした。
工房と工作機械が大好きな?私にとっては願ってもないタイミングです!

大山さんのスピーカー製品の第一弾ももうすこしで完成という状態で置いてあるとのことで、期待いっぱいで工房におじゃましました(^‐^)

工房の前まで来たところで、まず建物の大きさにビックリです!

とにかくデカい!!

大山さん 工房 1

↑そして中はごらんのとおり!

広いです。きれいです。天井たかいです\(゜〇゜;)/
すべてが「うちの工房」と真逆です\(^〇^;)/

両流れの天井は、その中心部分(いちばん高い部分)の高さが10m以上は軽くありそうです。

大山さん 工房 パネルソー

↑ホームセンターなんかでおなじみの大型の「パネルソー」が、ちっちゃく見えますね(^‐^;)

大山さん 工房 2

↑パネルソーの横には、これまた大型の「プレス機」が!!

これがあれば、とくにバックローホーンシステムの側板を貼り込むときにたいへん役立ちます。
一気に等圧の圧力をかけられるので、確実に接着できます。

プレス機の手前にあるのが「昇降盤(テーブルソー)」で、サブロク板もラクラク加工できる大型のテーブルを備えています。

右に見えるのは「ボール盤」ですが、これも大型で、加工テーブルが傾斜できるものです。
斜めの穴開けにも重宝します。

このほか、平行な板を作るときに使う「幅落としノコ盤」や、接着剤を塗布するためのスプレイガン、コンプレッサをはじめ、塗装できるブースまで作ってあるなど、スピーカーシステムを作るためのものはすべて揃ってますね!

大山さん 工房 道具箱

↑そしてコレが大山さん自家製の「工具ラック」です。

トリマやドリル、ハンマ-やカンナなどの工具が美しく収納されていて、下に付いたキャスターでどこにでも自由に移動できます。

これだけの設備と大山さんの腕があれば、イイものができないはずがない!
なんとも素敵な工房です(^‐^)

そして、ありました!

大山さん 新作バックロード

↑大山さんの製品試作第一号バックロードホーンシステム!

まだこのときには完成していなかったので、残念ながら音を聴かせていただくことはできませんでした。

数日後にシステムは完成し、その音出しに立ち会われた鈴木さんのホームページの「10月12日の日記」で音のインプレが紹介されていますので、興味をお持ちの方はぜひのぞいてみてください。

このあと、なんと大山さんには宿泊していた五反田まで車で送っていただきました。
けっこう距離があったんですが…大山さん、どうもありがとうございました<(_ _)>

車中でいろいろなお話をしましたが、その内容は?? いろいろです…(^‐^;)

次回は、豊田高専放送研究部さんからお借りしているスピーカーシステム「五稜」の試聴会の様子をご紹介します。どうぞおたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/96-76956e6d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。