スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大山美樹音さん宅訪問記 「スーパースワン編」

.14 2009 試聴会 comment(2) trackback(0)
自作スピーカー派の方には超有名なサイトが「究極の自作スピーカー追求道」です。

このサイトを運営されておられる大山美樹音さんの自宅試聴室「調整室?」にお伺いしました!(^〇^)

大山さん 試聴室

試聴室は、広さが10畳ぐらいの縦長の部屋で、床には天然木がモザイクのようにはめ込まれています。

ここは一階ということもあって、床がとてもしっかりしています。
人が跳んだりはねたりしてもビクともしません。
どこいらの「グラグラ」の床とは訳がちがいます(うちのこと?)

ここなら重量級のシステムでもまったく問題なく設置できますね。

部屋の中にはスピーカーシステムの他は、アンプやプレーヤー(CD用とアナログディスク用)、パソコンなどの機器と、試聴用のイスがあるだけなんですが、へんな反響や音のクセがほとんどありません。
これには驚きました。

パッと見た目には「相当ライブな部屋かな?」と思ったんですが、そうではなかったですね。
響きのバランスがとても自然なので、スピーカーを「調整」するためにはピッタリな部屋だと思います。

上の写真では「スーパースワン」や「モアイ」も写っていますが、通常は後方にある大型システム「D58ES」がドーンと君臨しています(^‐^)

まずは、私がいちばん興味のあった「スーパースワン」↓から聴かせていただきました。

大山さん 試聴室 スーパースワン
(このシステム、直前まではユニットが外されていたんですが、試聴のために急きょ「FE108S」を組み込んでくださいました。大山さん、どうもありがとうございます<(_ _)>)

スーパースワン、これまで私はまだ一度もその音を聴いたことがありませんでした。
でも、ゲテもん大好きな私にとってその容姿はとても魅力的で、以前からどんな音がするのか勝手にワクワクしてました(^〇^)

ちなみに、このスーパースワンはMDF製で塗装はしてありません。

さあ、いよいよ音出しです。

試聴する曲は鈴木さんがお持ちになったグリーグのピアノ曲。
鈴木さんのお宅で聴かせていただいて、私がすごく気に入ったCDです(^‐^)

音が出たとたん、「おお!!」と声が出てしまいました!\(゜〇゜;)/

なんと豊かな中低音!とても10cmクラスのユニットとは思えません!!

10cmクラスのユニットでは200Hzあたりから下の帯域は弱くなってくるのが普通ですが、スーパースワンでは、逆にこれらの帯域が中高域以上に充実している印象すらありました。

ピアノの音はとても「骨太」で迫力があります。

バックロードのホーン内部に響く音の感じがピアノの筐体内の響きに似ているためかもしれませんが、とても「生々しい」再生音です。

音場感もバツグンで、システムの後方にかけて深い音場が形成されます。
スピーカー(ユニット)から音が出ていると言う感じではありません。
システム後方の「空間が鳴っている」感じです。

「スワンは音場型やったんや!」ということに今さら気づきました(^‐^;)

今回の試聴では、システムを後方の壁(カーテン部分)から1.5m以上は離して設置しています。
スワンのバックロード開口部はシステムの背面にありますので、そこからの音が後方の空間にうまく放出されて、このような音場効果が出るのかもしれません。

バックロードホーンでは「狙った低域部分だけをスパッと出す」ということは不得意ですが、逆に10cmクラスのユニットの弱点でもある「中低域」まで自然にカバーできるので、結果的にとても良くバランスするのかな?とも感じました。

オーケストラなどの部分では、独特の「音の混濁感」があることに気づきますが、音楽を気持ちよく楽しむにあたって障害になるようなものではありません。

スーパースワンの音を聴かせていただいて、「こりゃぁ、熱心なファンが付くはずやわ!」と納得してしまいました。

場所さえ許せば私も一組欲しいですね。

ということで、スーパースワンは私の期待以上の音を聴かせてくれました(^―^)

次回は大山さん製作の「モアイ」をご紹介します。どうぞおたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

鈴木
こんばんは。
前回お聞きになれなかった大山さんの新作バックロードは、思った通りの癖のない見事な音でした。
松さんがお聞きになれなかったのはとても残念ですね。
スーパースワンよりピアノの音がリアルでびっくりしました。
2009.10.16 20:36
matsu
鈴木さん、こんばんは。
大山さんの新作バックロード聴いてみたいですね(*^_^*)
大山さんご本人は低音の感じがちょっと不満だったようで、今後改良されるとのことですが、そうすればますますいい感じになるんでしょうね。
聴かせていただくころには、どんなんになってるかたのしみです(^‐^)
2009.10.16 22:07

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/93-f8056607
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。