スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCAPとFOSTEX

.12 2009 試聴会 comment(3) trackback(0)
鈴木さんの新作は、FOSTEX FE108Sを使ったMCAP型のシステムです(TR100b型)

FE108Sはバックロードホーンや共鳴管タイプのエンクロージャ用に特別に開発されたユニットだそうです↓。

MCAP 鈴木さんのシステム FOSTEX

そして試聴です。

FEASTREXのシステムと同じ曲を交互に鳴らして聴き比べをさせていただきました。

やはりユニットのキャラクターの違いがよくでますね。

聴かせていただいた時点ではFE108Sもまだ新しく、エージングが足りないためだと思うのですが(ユニットはだいぶ以前に購入されたものですが、これまで使われてなかったそうです)、中高域に強調感があるような音色です。

また、中低域にかけて「何かがたりない」と思わせるところがありました。

もちろんこれらはFEASTREXのシステムと比べての事です。
単体で聴くかぎりではそんなに気になるというレベルではありません。

超低域にかけては、さすがMCAP型と思わせる音が出ています。
ピアノの曲では、ピアノのペダリングが床に伝ってくる「振動」がはっきりとわかります。
これにはビックリしました(゜〇゜;)

その一方、ピアノの筐体内に響く音は弱めなので、相対的に旋律部分がよく聴こえます。

パイプオルガンの低音に関しては、FEASTREXのシステムと互角の感じです。

MCAP 鈴木さんのシステム FEASTREXとFOSTEX

逆に「↑この口径差、容量差があるのに、よく互角に近い低音が出るなぁ」という感じすらします。

鈴木さんによると、FEASTEREXのシステム(TR300型)よりも、FOSTEXのシステム(TR100型)のほうがキャビネットの設計がうまくいったのだそうです。

あと、コーラス隊の声はややハスキーで、明瞭感が強調されている感じでした。
このあたりは「ユニットのエージングが進んでいくと減少するかも!」とも思っています。

というのは、このあと訪れた大山美樹男さんの試聴室で聴かせていただいた「スーパースワン」にも同じユニットが使われていて、それには上記のような音質の傾向は感じられなかったからです。
大山さんのユニットは十分エージングされているとのことでした。

ところで、鈴木さんはバックロードホーンや共鳴管方式以外では「低音を出しにくい」といわれているFE108Sを「あえて」お使いになったといいます。

このようなユニットでこれだけの低域を再生してしまうのですから、やはりMCAP方式は「かなり有効な低域補正手段である」と断言できますね。

後日、FE108SをFE108シグマに取り替えられてバランスはさらに向上したとのことです。
ひょっとしたら、中低域の「何かがたりない」部分が解決したのかもしれません(^‐^)

FEASTREXとFOSTEXの比較試聴はとても楽しくて、「あっ!」というまに時間がすぎてしまいました。

鈴木さん、そしていろいろとお気遣いいただきました奥さま、どうもお世話になりました。<(_ _)>
またいろいろと教えてください。

次回は大山美樹男さんのシステム試聴会のご報告です。どうぞお楽しみに!(^‐^)
スポンサーサイト

鈴木
こんばんは

今日、大山さんの新作バックロードを、静岡のkenbo-さんのところで聞きました!
大山さんのバックロードは凄い!スーパースワンで気になった癖が全くありませんでした。やっぱり良く出来たバックロードホーンのパフォーマンスは凄いものです。
私のTR100bも持っていったのですが、音が変でした。何故か良く分かりませんが、接続でも違っていたのでしょうか?ちょっと酷すぎて比較にならなかったです。本人がびっくりするほどの酷い出来でした。正直に告白します。家ではもっといい音でなるのですが...左右逆相接続をやってしまったかも...なんて思っています。

今度はもっといいのをお聞かせしますね!
2009.10.12 22:23
matsu
鈴木さんこんばんは。
大山さんのバックロード、やはりすばらしかったですか!
私もそのうち是非聴かせていただきたいと思っています(^‐^)
本当は参加させていただきたかったんですが、実は別の試聴会に行ってました(コラ!)
こちらのほうが先に決まっていたので…(^^;)
この試聴会でもいろいろと得るものがありました。
またブログでもご紹介させていただきますね。
TR100bは本調子ではなかったようで残念ですね。
逆相接続が原因だったら問題ないんでしょうが…。
スピーカーシステムは、再生する音量と部屋の広さによって音の感じはずいぶん変わりますね。
私の作るシステムも小音量で狭い部屋で調整するので、広い会場で大音量再生したときに「ボロ」がでまくります(^^;)
困ったもんです。
2009.10.12 22:58
鈴木
こんばんは。

今日は別のイベントでしたか。
大山さんのバックロードは是非ともおえと聞きください。スーパースワンよりいいですよ!
それと、kenbo-さんのシステムは一度聞くべきと思います。凄すぎて表現が難しいです。ご本人もとても素晴らしい方ですので、そちらも参考になりますね。
オーディオの世界は奥が深いです。同時に人と成りも出てしまうのが怖いです。
2009.10.12 23:23

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/92-357330db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。