スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桔梗製作記 天板の面取り 設計編

.02 2009 「桔梗」製作記 comment(0) trackback(0)
天板の面取りですが、これが意外と難関だったりします。

なんで難関かというと、天板が水平ではなく傾いているからです。

もしこの五角形の天板が水平だったら、天板と側板との角度はみんな90度です。
この場合は面取りの角度は45度になるので簡単です。

ところが天板が傾いていると、五角形の各辺における天板と側板との角度はそれぞれ違ってきます。

ということは、面取りの「角度」もそれぞれ違うということです。

それではいったいどうすればいいのか?

あまり考えてもわからないので(^^;)とにかく設計してみます。

まず基準となる面取り寸法を決めます。

天板の前面の部分で、下図のように角から10ミリずつ内側に入った線で面取りすることにしました。↓

桔梗 天板 面取り バッフルと

これを基準にして、面取りのラインがそろうように五角形ぐるりの面取りをしたのが下図です。↓

桔梗 天板 面取り1
桔梗 天板 面取り2

面取りの角度が辺によって違うのはもちろんですが、面取りの「幅」もずいぶん違いますね。

さあ!それでは各辺の面取りの角度を測っていきましょう。

こういうときにCADで設計した事が生きてきます。
CADでは知りたい部分の角度や寸法を測ることが出来るからです。

わかりやすいようにカットモデルをつくってみました(^〇^)↓

桔梗 天板カットモデル 1

カットした断面部分の各寸法です。↓
天板側、側板側との角度は同一ではなく、それぞれ「びみょー」にちがうことがわかりますね。

桔梗 天板カットモデル 側面板との角度

背面側板と天板の面取り部分のカットモデルです↓

桔梗 天板カットモデル 2

そして寸法です↓
やはり角度、切り込み位置ともに同じではないですね。

桔梗 天板カットモデル 背面板との角度

ここまでわかればなんとかなりそうです。

加工方法もおぼろげながらイメージできてきました。

次回はいよいよ加工作業をご紹介します。おたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/88-8967dd16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。