スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパー機関車8630号機のご紹介!

.10 2009 ペーパー機関車8630号機 comment(0) trackback(0)
国際鉄道模型コンベンション2009における私のブースの目玉!「ペーパー機関車8630号機」をご紹介します。

コンベンションに来られた方にはご覧いただけたかと思いますが、展示方法があまり良くなかったので、ちょっと見にくかったのではないかと思います。ごめんなさい<(_ _)>

まず照明が非力でした(^^;)
小さい電球だったため、暗くてほとんど意味がなかったと思います。

あと、コンベンション初日は展示位置がちょっと奥でした。
2日目からは前に出したのでマシになったと思いますが…。

そこで今回のブログのために、写真を撮り下ろししました(^‐^)

ペーパー8630号機 全体

8630号機は言わずと知れた、梅小路蒸気機関車館にある車両です。

実在する特定の機関車を作ることのメリットは、取材さえできればディティールが正確に(想像にたよらずに)作り込める点です。

デメリットは手を抜けばすぐにわかる事ですかね(^‐^;)

今回のコンセプトは「手軽に飾れる大型スケールの機関車」です。

「手軽に飾れる」ということから、はじめから額入りのものを考えていました。
「大型スケールの機関車」ということで、20分の1スケールで設計しています。

20分の1スケールというのは展示模型(博物館なんかにある模型)にもよく使われるスケールで、見やすくて細かい部分も作り込みやすいという大きさだと思います。

鉄道模型から入られた方は、縮尺といえば「ゲージ」を思い浮かべられるかもしれませんが、私は実物図面から設計図をおこすので、10分の1とか20分の1といったキリの良いスケールを選びます。

まあ、アクリル機関車のように図面を描いてから大きさを変更して、結果的に33.333…分の1なんていうとんでもないスケールになることもありますけどね。

「ペーパー機関車」ということで、ほとんど「紙」と「スチレンボード」でできてます。

色は「紙の色そのまま」です。塗装はしていません。
ただしスチレンボードの断面部分だけは塗ってます。

スチレンボードは立体化していくときの「カサ上げ」のために使っていて、見る角度によってその断面がちらっと見える箇所があるからです。

製作は「公式側(左側面)」から見た構図で、見える半分だけを作るというものです。

ペーパー8630号機 半分見本

半分だけ作るというのはいろいろメリットがあります。

まず考えつくのが「半分しか作らなくていい\(^〇^)/」ということ。
これは「根気が半分でいい」ということで、たいへん大きな魅力ですね(^‐^)

次に、額に入れて壁に飾ることを考えると「あまり奥行きがないほうがいい」ということ。

そして、製作面からいうと、「断面部分で機関車を固定できる」ということがあります。

つまり、広い断面部分で背景の壁に車体をしっかりと固定できるので、機関車は細い車輪で自重をささえる必要がなくなりますし、持ち運びの際にこわれる心配も減りますね。

ここからは各部をご紹介します。

↓まず機関車の顔。

ペーパー8630号機 前から

8630号機(ハチロク形)はボイラーが細く、ナンバープレートが大きく見えるので「お目目パッチリ」のかわいい感じです。

↓ボイラーの上は配管もたくさんあって面白い部分です(実はけっこう省略してますが(^^;)

8630号機は特有の「鐘」もついていて、いい感じですね。

ペーパー8630号機 ボイラー上

↓そして運転室に続きます。

ペーパー8630号機 ボイラーと運転室

↓見どころ満載?のシリンダーまわりです。

ペーパー8630号機 シリンダーまわり

「滑り棒」の一部は黒っぽくしてありますが、これは実機も黒く変色しているためで、イメージを近くするためにそうしました。

銀色の部分は、ほどよい艶消しの「アルミ蒸着紙」をつかってます。

↓これは運転室下の「分配弁まわり」です。

ペーパー8630号機 分配弁まわり

配管はすべて実物どおりにつないでありますが、一部の細い配管は省略させていただきます(´‐`;)

おわびに?運転室内↓はちょこっと作ってみました。

ペーパー8630号機 運転室内

あっ!窓ガラスには唯一、透明アクリルを使ってましたね。

↓炭水車です。

ペーパー8630号機 炭水車

ペーパー8630号機 炭水車の後ろ

↑無数にあるリベットは、手先のとても器用な嫁さんに貼ってもらいました(^〇^)

炭水車背面のディティールもかなり省略してます。

↓そして最後は後ろから全体をながめた様子です。
ローアングルだとなかなか迫力ありますね。

ペーパー8630号機 全体斜め後ろから

さて、次回はいよいよ最後の展示物、「鉄道アイドル 木村裕子さん」の等身大パネルをご紹介します!
コンベンション会場に来られなかった方は、なんのこっちゃわからんと思いますが…。

木村裕子さんのファンの方も、どうぞおたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/82-758253f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。