スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際鉄道模型コンベンション 展示物紹介 アクリル機関車編! その2

.01 2009 アクリル機関車 comment(2) trackback(0)
今回はアクリル機関車の細部をご紹介します。

アクリル機関車 煙突
↑煙突部分のアップです。

アクリル機関車は、それぞれのパーツを「ムク(かたまり)」で作り、それらを「つなぎ合わせる」ことによって最終的に「ひとつのムクのかたまり」に仕上げるようにしたいと思っていました。

そこで悩んだのが煙突です。

煙突は当然ですが上面に穴がありますね。

そのまま正直にパイプ状にしてしまうと見栄えがよろしくないですし、ムクにもなりません。

ということで思い切って煙突も「ムク」でいくことにしました。

かつての「金属製モデルガンの銃口」みたいですね(^^;)

アクリル機関車 蒸気溜

↑砂箱や蒸気溜といった「ドーム状」のものは、旋盤で削りだして鉄工ヤスリと耐水ペーパーで形を仕上げました。

ボイラとの接合は、ボイラ側に穴をあけて差し込んだのではなく、砂箱や蒸気溜の下部分をボイラのアールにピッタリ合うように削って接着してあります。

アクリル機関車 運転室前面

↑発電機や安全弁といった小さい部品も、雰囲気を高めるためには欠かせません。

そして、運転席前窓のヒサシは「曲げ加工」ではなくて、アクリルのムクからの削りだしで作りました。

アクリル機関車 クロスヘッド付近

↑この機関車の一番のみどころ、メカニカルなシリンダー周り…なんですが、透明なのであまりよくわかりませんね(^^;)

さらに動輪の下あたりのレールには「継ぎ目」をつくってみました。

実物同様、レール同士をボルトつないである様子も再現したんですが、これも言われないとわかりませんかね。

アクリル機関車 従台車付近

↑従台車まわりもパイピングなんかもあってけっこうメカニカルなんですが…よくわかりません。

アクリル機関車 連結器付近

↑連結器も複雑な形を苦労して作ったのに…あまりよくわかりません(‐‐;)

アクリル機関車 レール

↑レールと枕木には実物と同じように「犬釘」が打ってあります(全部で88本!)

これはパッと見てもよくわかるんですが、たいていの方は機関車のほうをご覧になるので気づいていただけなかったようです(^‐^;)

すべてのパーツはコンパウンドで透明になるまで仕上げてから、接着組立を行っています。

接着剤自体が硬化後にアクリルになるという、特殊なものをつかっていますので、接着面がほとんどわかりません。

今回の製作で、「透明というのは以外とディティールがわからなくなる」ということがわかりました(;^^)

まあ、肉眼で見るともう少しディティールがわかるんですが、なかなか見た通りに写真に撮るのはむずかしいですね。

アクリル機関車 照明ステー取り外し

↑照明用のステーはご覧の通り、簡単にはずれます。

ステーの材料は、近所のホームセンターで買ってきたアルミのチャンネル(溝型)と丸棒、丸パイプです。

チャンネル内にLEDを仕込んでスズメッキ線(一部エナメル線)で配線しています。

アルミのチャンネルは電気を通しそうですが、表面加工がされているため(何の加工かは知りませんが)電気は通しません。

なので、スズメッキ線をむき出しで配線しても大丈夫みたいです。

アクリル機関車 台の裏

↑ケースの台を裏からみたところです。

台は「パイン集成材」の板の上面と側面に、ミラーのアクリル板を両面テープで貼り付けました。

台の裏側にあるアクリル部品は機関車を台に固定するためのもので、機関車の前後2カ所にあります。

固定具は3本のネジを円盤状のアクリルに環状に取り付けた構造で、それぞれのネジを独立調整することによって固定具の方向、傾き、力をコントロールし、割れやすく不安定なアクリル機関車でもガタつきなくしっかりと固定することができました。

アクリル機関車 暗闇で光る!

↑最後は真っ暗な部屋で照明を付けた様子です。

照明には「高輝度白色LED」を50個使っています。

なんとも妖艶でいい感じです!(^‐^)

次回は新作の「ペーパー機関車8630号機」をご紹介します!
スポンサーサイト

鈴木
拝見して随分正確に作られるのだなと感心しました。
ひょっとすると正確でなければ作れないのかもしれませんね。オーディオイベントでも飾ったらいいかもしれません。機関車の生録を聞きながら鑑賞すれば雰囲気抜群ですね。
2009.09.02 23:17
matsu
鈴木さんこんにちは!
このアクリル機関車の製作には正直、かなり「難儀」しました。
とにかく細かい部品が磨き仕上げのときに「折れる」のです。
1個の部品を完成させるまでに、やり直しで10個以上作ったものもあります。
先の見えない作業の連続で、精神的にはかなり参りました(^‐^;)
今後、同じ物は二度と作れないと思います。
2009.09.03 10:22

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/80-643cd736
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。