スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田高専放送研究部 第二回長縄杯レポート! その1

.14 2009 豊田高専放送研究部 comment(0) trackback(0)
なんというラッキー!!\(^〇^)/

以前から、オーディオ誌などに何度も掲載されている豊田高専放送研究部のみなさんが作るスピーカーシステムを拝見していました。

そして、「いったい実際の音はどんなんやろ?」といつも思っていました。

それが!なんと!!! 聴かせていただけるチャンスがやってきたのです!

5月に横浜ベイサイドネットさんで行われた「第5回 BSN 試聴会」に、豊田高専放送研究部のOBでもある「もっさん」こと森さんも参加されていて、そのときに「豊田高専さんの作品を聴きたいなあ!」とお話したところ、この「第二回長縄杯」にお誘いくださったのです!

では「長縄杯」とはなにか。

これは放送研究部のOBである長縄さん主催の部内スピーカーコンテストで、ある決められたレギュレーションに基づいて部員の方が何組かのチームに分かれてそれぞれスピーカーシステムを作り、その成果を競うというものです。

「自作スピーカーコンテスト」の部内版という感じですね。

審査は主催者である長縄さんと、コンテストの細かい規定を決められた森さんがされるのですが、なんと!僭越ながら私も審査員として参加させていただける事になりました(^〇^)

部員の方が一生懸命作られた作品を、部外者の私が審査させていただくのもどうかと思ったのですが、せっかくのお誘いでしたのでお受けすることにしました。

コンテスト開催日は7月23日。

このころは「壁掛け機関車」の製作に明け暮れていたため、寝るのが毎日午前4時ぐらいになっていました。

体のリズムもそれに慣れてしまっていたので、早起きして出かけるのはつらいものがありました。

そこで、前日の22日は製作作業を早めに切り上げて、午後11時ごろ大阪の自宅を出発。
東名高速の上郷SAに夜中3時頃到着し、翌朝まで車内で仮眠をとりました。

そして到着した豊田高専!

豊田高専 校舎

広いキャンバスはまるで大学のようです。

そしてココ↓がコンテストの会場となる教室です。ひろい!\(゜〇゜;)/

豊田高専 コンテスト会場

コンテストは午後からだったんですが私が早めに着いたので、部長のFさんが気を使って、豊田高専放送研究部の今までの作品をわざわざ運んできてくださいました!ありがとうございます!

豊田高専 今までの作品

豊田高専 今までの作品 2

オーディオ誌の紙面を飾ったシステムが次々と運び込まれてきました!

2005年のSTEREO誌「自作スピーカーコンテスト」で、あの「浅生明 特別賞」を獲られた「五稜」の姿もありますね。

音出しは私の持参したアンプとCDプレーヤーを使いました。

聴き比べを愉しんでいるうちにあっというまにお昼前になり、審査員の森さんも来られて、いよいよ昼食後にコンテストがはじまりました。

その様子は次回にご報告させていただきます!おたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/72-c5f12a9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。