スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒドラ型はステルス機能のあるスピーカー?

.05 2009 ヒドラ型スピーカー comment(0) trackback(0)
ヒドラ型はどうして自然な音に聴こえるんでしょうか。

ヒドラ型システムは片chあたり4個のユニットをつかっています。
そして、それぞれのユニットが「不自然」かつ「自然界ではありえないような」配置になるように設計されています。
つまり「音源位置がさっぱりわからん」ような配置になっています。

この「音源位置がさっぱりわからん」というのはどういう利点があるんでしょうか。

そのまえに、まず通常のスピーカー2本でステレオ再生している場面を考えてみます。

左のスピーカーから出た音は左耳に、右のスピーカーから出た音は右耳にはいりますが、同時に左の音は右耳にも、右の音は左耳にもはいりますね。

つまり左右それぞれのスピーカーの音は、どちらも「両耳で聴いている」ことになります。
このことは特に重要です。

人は両耳で音を聴くことによって、その音源の位置や大きさなどを判断しているといわれます。

ということは、左右それぞれのスピーカーの「位置と大きさを脳は把握している」と考えられるのです。

スピーカーから音が出ていることを意識しない(スピーカーの存在を意識しない)のがステレオ再生の理想なのに、実際にはスピーカーを認識してしまっている。

たとえば「2mほど先の左右に、高さ1mぐらい幅40cmぐらいの箱のようなものがあって、そこから音が発生している」というようなことが脳には(無意識にでも)わかってしまっているんではないかと思うのです。

もちろん実際にはステレオ効果が働くので、左右のスピーカーから全く同じ音(モノラル信号)がでれば、それらの中央で聴いている人は左右のスピーカーの真ん中の空間から聴こえているように感じます。
決して「左右のスピーカーそれぞれから同じ音が同時に聴こえる」とは感じません。

それじゃあ、やっぱり左右のスピーカーなんて認識してないんとちゃう?と思いますね。

問題はそのときできる(感じる)「音像」です。

その「音像」は「スピーカーの分身」ではありませんか?

左右に置かれたスピーカーのあいだに浮かぶ「音像」は、ちょうどもう一台おなじスピーカーをもってきて、センターに置いたときのような「音像」ではないですか?

左右のスピーカーを結ぶ線上にズラリとならぶ「音像」は、奥行きも左右のスピーカーとほぼ同じ、「音像」の大きさも左右のスピーカーの大きさに比例するとしたら…。

やはり「脳は左右のスピーカーを認識している」といえるかもしれません。

このように考えるようになったのは、ある実験をしてからのことです。
とっても簡単にできる実験なので、ぜひためしてみてください。

パソコン用のコンパクトなステレオスピーカーシステムがあれば理想的です。
このスピーカー、安物であればあるほど結果がでます(;^^)

あとはA4サイズ程度のノートとか下敷き(今もあるんですか?)、ダンボールなんかでもかまいませんので、「板状のもの」を用意します。
なければあなたの「手」でも代用できます。

左右のスピーカーは50cmほどはなして設置します。
あなたはスピーカーから50~60cmぐらいのところに顔をもってきてください。

はじめにスピーカーから普段聴くように音楽を流します。

そのときの「音像」の大きさや定位する位置(とくに奥行き感)をおぼえておきます。

音楽は流した状態で、あなたの顔の前に用意したノートなり下敷きなりを鼻の前に立てるようにします。
つまり「左スピーカーからの音はなるべく右耳には届かない」ように、「右スピーカーからの音はなるべく左耳に届かない」ように、顔の前に「ついたて」をつくってやるのです。

あまり神経質にキッチリと「ついたて」をつくらなくても効果はわかります(^‐^)
ノートとかがない人は、ご自分の両手をつかって、「ついたて」をつくってみてください。

そしてそのときできる「音像」をたしかめてください。

たいていは「ついたて」をする前よりも、音像が立体的に感じたり、音場に奥行きを感じると思います。
(そのとき流す音楽によっても効果は多少かわると思いますので、いろいろとためしてみてください)

「ついたて」によって左スピーカーの音は左耳のみに、右スピーカーの音は右耳のみにはいりやすくなるので、脳は左右のスピーカー位置や大きさを認識しにくくなります。

それによって、本来音楽にふくまれている情報がそのまま伝わって、奥行き感や音場感が得られるのではと考えています。

前置きがずいぶん長くなってしまいました。

ヒドラ型のユニット配置は「音源位置がさっぱりわからん」配置になっていますから、両耳で聴いていてもその位置や大きさがわかりにくくなっています。

実際にヒドラ型を片chだけ鳴らしてみるとわかりますが、両耳で聴いていてもスピーカーシステムのあるあたりの空間から音が聴こえます。
決してユニット部分から音が聴こえるようなことはありません。

ヒドラ型は、「ついたて」を使うことなく両耳での位置探知機能?をあざむく「ステルス機能」があって、従来のシステムにはなかったその効果によって、自然な音を実現しているのかもしれませんね。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/33-44b57ba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。