スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N.D.R.システムの概念 その5 「ユニット間の距離」

.05 2010 N.D.R.システム comment(0) trackback(0)
N.D.R.システムでは複数のユニットを使います。

ユニットをどう配置するかによって同じユニットを使ったとしても、その効果はちがってきます。

下図は、同一のユニットを使ってそれらの配置する距離を変えた場合です。

N.D.R.ユニット間の

ユニット間の距離(X,Y、Z)が離れている場合と、近い場合を比べてみしょう。

全く同じユニット構成であっても、「ユニット間が離れている」 ほうが、音場に奥行きと広がりがでます。
では、どんどん離していくとどうなるか。

音場は大きく深くなりますが、音のピントが甘くなってきます。

「空間イメージは大きくなるが、現実感がなくなってくる」 と言えばいいんでしょうか。
「音に実在感がなくなってくる」 という感じです。

では逆に、どんどん近づけていくとどうなるか。

音はシャープになってきますが、音場のスケールや奥行き感は小さくなってしまいます。

ギリギリまで近づけると…ユニット1発の通常のシステムに近い音場になります(^^;)

また、エンクロージャ容積がどうしても小さくなってきますので、低域のスケール感もなくなってきます。
(しかもユニットが多い分、相対的な容量はさらに小さくなってしまって、おなじエンクロージャ容積だったら、ユニット1発の普通のシステムのほうがいい音がする…ということも起こります(^‐^;))

ということは、やはりどこかに 「ちょうどいいバランスの距離」 があるような気がしますね。

これは、使うユニットの性質(口径、指向性など)や、システムを置く部屋の広さ、システムから壁までの距離、部屋がライブかデッドか、小音量で聴くか大音量で聴くか、左右のシステムを離して置くが近づけて置くか…なんかの条件でもかわるようです。

ですので、「ユニット同士の距離は××cmがベストである」 とは決められないということでしょうね。

やはり、使うユニットの性質に合わせて、その都度ベストな距離をさがしていくしか方法はなさそうですね…(^‐^;)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/136-a221142c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。