スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンビーノのツイータ決定!

.16 2010 バンビーノ comment(2) trackback(0)
昨年12月、広島オメガの会でバンビーノを発表させていただいたときに 「このシステムにはツイータが必要!」 という多くの方からのご指摘をいただいておりました(^‐^;)

あれから3ヶ月、いろいろと実験をしてきましたが、ようやくツイータが決定しました。

バンビーノのメインユニットと同じSICA製のユニットで、ドームツイータの 「Z009220」 です。

SICA Z009220 ユニット

振動板はシルクベースのソフトドームですが、シルク繊維は目が粗く、「ざる」 のような感じです。
シルク繊維は、あくまで振動板の形状をドームに保つための 「骨格」 として使われているだけのようですね。

その骨格にごく薄く樹脂がコーティングされているだけなので、振動板は 「半透明」 です。
この樹脂の色がなんともいえない淡いアクアブルーで、まるで液体でできているかのような美しさがあります。

イタリア製のユニットなので、あの有名な 「碧の洞窟」 をイメージしているのかも! とか思ったりします(^‐^)

見る角度によっては、まるで人の 「瞳」 のようにも見えますね。 ↓

SICA Z009220 振動板

購入してから2ヶ月ぐらいはほぼ毎日鳴らし込んでいて、ずいぶん音色も変わってきました。

鳴らし始めはすこしこもった感じがあったんですが、今はとても繊細で抜けの良い、なめらかな音になってきています(^‐^)
超高域まで伸びているわけではないんでしょうけど、たいへん澄み切った音色ですね。

今回は 「スーパーツイータ」 として使っていて、メインユニットの Z007360 とも自然につながります。
やはり同じメーカーのユニットでそろえる事は音色の統一感をとるためにメリットが大きいと感じました。

ツイータのローカットは、1.0μFのコンデンサ1個で行っています。

SICA Z009220 コンデンサ

で、全体の感じはこんなんです。 ↓

バンビーノ Z009220追加

ツイータは、デザイン的にあまり評判の良くなかった 「反響板(^^;)」 に取り付けてあります。
もちろんこの状態がいちばん音がよかったからで、「どうしても反響板を使いたいから!」 ということではありませんヨ。

反響版は前後左右に動かせるので、ツイータの指向性や位相の調整にも便利です。

反響版のうしろに見えている三角の部分は、背後のユニットのための延長バッフルです。
現在、どれぐらいの大きさが良いかを実験中です。今はまだちょっと見苦しいですが…。

今回のツイータ追加と延長バッフルによって、音はかなりまとまってきました。
Z007360の素直で生々しい音色にくわえて、N.D.R.方式の自然な音場感をもったシステムになりました(^〇^)

これでバンビーノの全貌が見えてきました。
あとは見栄えよく仕上げていく作業ですね。

クリア系のカシュー塗料で、きれいな木目を生かせるような仕上げを考えていますが…。まだどうなるかわかりません。

バンビーノの図面もそのうち公開しようと思ってます(^‐^)
スポンサーサイト

鈴木
バンビーノ再開ですね。
ツィータについても興味があります。NDRの他のユニットにはツィータは不要なのでしょうか?ちょっと考えると要らなそうな感じがしますが、中々頭で考えたとおりにはいかないのがこの世界なので気になります。
2010.03.16 22:54
matsu
鈴木さんこんにちは。
バンビーノ製作、ちょこちょこ進めています。

>NDRの他のユニットにはツィータは不要なのでしょうか?

背面用のユニットはツイータがなくてもいいように、すこし小口径のものを使っています(小口径といっても25cmありますが…(^^;)

Z006490は17000Hzぐらいまでは高域も伸びていますし、今の時点ではこれでも大丈夫みたいです。
でもツイータを背面にも付ければ、もっと良くなるかもしれません。

鈴木さんのおっしゃるとおり、オーディオはやってみるまでわからないところがありますもんね(^‐^)
2010.03.17 10:21

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/133-1075c735
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。