スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N.D.R.システムの概念

.29 2010 N.D.R.システム comment(0) trackback(0)
N.D.R.システムの 「NDR」 とは 「ノン ディメンショナル ラジエーション」 の略で、直訳すれば 「無次元放射」 という意味になります。

私が前回のブログで 「無指向性放射」 と解説してしまったのは不適切でしたね。
語句の訳としては誤りです。ごめんなさい<(_ _)>

「無次元」 というのは 「0次元」 という意味で、 「点」 のことを意味します。
ですので 「点放射」 ということになり、言いかえれば 「点音源」 のことになります。
(この説明ついては N.D.R.の命名者でもある河野さんから直接お聞きしましたので間違いないです(^‐^)

下図が N.D.R.システムの概念図です。

N.D.R.概念図

図はシステム配置を上から見たところで、エンクロージャは角を落とした正三角柱です。
角柱の側面のA,B,C部分にはそれぞれスピーカーユニットが取り付けられています。

A,B,Cのユニットを同相で駆動させると、Mを中心にした 「疑似点音源」 として動作します。
河野さんの説明によれば、Bのユニットによってモノーラル成分を、Cのユニットによってステレオ成分の復元ができるということでした。

概念図でもわかりますが、ユニットは水平方向にだけ設置されていて 「ノン ディメンショナル ラジエーション」 の名前のイメージとは異なり、必ずしも 「全方位無指向性」 をねらったシステムではないことがわかります。

河野さんも 「音場の再現の基本は、モノーラル成分をきっちりと音場の中心に再現すること」 という意味のことをおっしゃっていました。
そのためには、音軸を3方向に絞ったこの方法がいちばん効果を出しやすいようです。
これは私もいくつか実験しましたので良くわかります(^‐^)

それでは、ちょこっと私の失敗例をご紹介しましょうかね(^^;)

まずはお決まりのパターンで、「もっとユニットを増やしたら、より点音源に近づいてええんちゃうん?」 と単純に?考えた訳です。
で、作ってみたのがコレ ↓

六角柱システム 概念図

エンクロージャを六角柱にして、ユニットを一気に6つに増やしてみました(実物の写真がないのが残念です。ごめんなさい<(_ _)>

う~~ん、なんか全然違う音でしたね。(^~^;)
BとFのユニットがやや前方を向いているせいでしょうか、これらから出る音とAから出る音が干渉しあってなんとも聴き疲れする音です。
首を少し動かすと、音がコロコロかわります。
位相が変になったような不快な音でいただけませんでした(^‐^;)

このシステムのために、当時ダイヤトーンから再販された 「P-610FA(やったかな?)」 という16cmのフルレンジを12個も買ってきて作ったので、その音を聴いたときにはかなりガッカリしたのを覚えています…(-_-;)

その後はF,B,Dのユニットをはずして板で塞ぎ、N.D.R.システムもどきとしてしばらく使っていました。

ユニットを4本使ったシステム ↓ は長岡鉄男さんの作品集にもあったようですが、私は聴いたことはありません。
どんな音がするんでしょうかね。

四角柱システム 概念図

もちろん、うまくいった実験もありますよ(*^_^*)

それはコノ↓タイプ!

三角錐システム 概念図

エンクロージャは三角錐で、ユニットは3本です。
三角錐なので、3本のユニットにはやや上向きの角度がついています。

ダンボールで作った簡単なモノでしたが、音場感はバツグンでした!

使ったユニットはテクニクスの 「10F12」 という10cmフルレンジです。

フランクプールセル楽団の曲にジェット機のSEがはいったものがあったんですが、ちゃんとジェット機の音は上空(天井付近)を通過しました!\(^〇^)/
これがあまりに嬉しくて、下宿のとなり部屋のNさんを呼びにいったほどです(Nさんもオーディオ好きでした)

この実験が成功したことで、以後は 「角柱」 ではなく 「角錐」 を基本としたエンクロージャを作ってました。

前回のブログでもちょこっと触れた、学校の卒業制作に作ったシステムも 「六角錐」 タイプでしたね(^‐^)


今回は N.D.R.システムの 「基本形状」 についてご紹介しました。
では、これを真似して作ればすぐにすばらしい音場感のあるシステムができるのか?ということなんですが、N.D.R.システムの特徴は形状的なものだけではないのです。

次回はそのあたりからご紹介しますね。おたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/121-773a532c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。