スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島オメガの会 60回例会参加記! 「バンビーノはどうやったん?」編

.13 2010 試聴会 comment(4) trackback(0)
オメガの会コンテスト エントリーナンバー二番 参考出品 作品名 「バンビーノ」

10cmフルレンジの作品のなかに、突如30cmフルレンジが現れました(^^;)
審査員の方々も勘が狂ったのではないかと思います。

ガタイがでかいので、みなさんに手伝ってもらってのセッティングでした。
お手伝いいただいた方々、どうもありがとうございました<(_ _)>

オメガの会 BB組立

●バンビーノは 「多自由度バスレフ(MCAP-CR)という方式のエンクロージャであること。
●バスレフダクトは4本で共振周波数も4つあること。
●上にのっけた反響板で、高域の量感を調整していること。
●「バンビーノ」 の名前は 「SICA」 というイタリアのメーカーのユニットを使っているから、「SICA(シカ?)といえば→バンビ? イタリアといえば→イタリアーノ?カプチーノ? で バンビーノ?…バンザイ!\(^〇^)/」 という単なるダジャレであること、などを説明させていただきました(^‐^;)

オメガの会 BBと私

そして音だしです。

3曲の課題曲はなんとかこなし、自由曲も1曲演奏させていただきました。
自由曲に選んだのは、大阪フィルの 「ブルックナー 交響曲8番 第4楽章」 です。

で、音はどうだったのか。

私がどうこう言うよりも、みなさんに審査していただいたものを公開することにしますね(^^;)

審査は点数制で

●音質    10点満点
●デザイン  5点満点
●コンセプト 5点満点
 合計    20点満点

で評価されます。
点数以外に、審査員が感じたことなどを自由に書くコメント欄もあります。

審査員は12名で、匿名での投票なので誰が書かれた評価なのかはわからないようになっています。
もちろん、出品者は審査員には含まれていません。

それではいってみましょうか!

【審査員Aさん】
●音質 9点 ●デザイン 5点 ●コンセプト 4点 ★合計18点
〈コメント〉
豊かな低域(ボリュームは控えめだが)アンビエンス 空間感は上 ステレオ感も上 高級感がある。
塗装をすれば、みがけばもっとしっとりとした音がでる(現状ではすこしがさついたとこがある)
自由曲ではホルンの中音がザラザラしている。原因不明

【審査員Bさん】
●音質 10点 ●デザイン 5点 ●コンセプト 4点 ★合計19点
〈コメント〉
なし

【審査員Cさん】
●音質 7点 ●デザイン 3点 ●コンセプト 5点 ★合計15点
〈コメント〉
97(Hz) ←1.25→ 77(Hz) ←1.4→ 55(Hz) ←1.45→ 38(Hz) 普段のDBならこの係数のつけ方は逆だと思う
SPLが高いシチュエーションが良いのでは?
イムジン河の再生がものすごく良い。
全体的にvocalが引っこみがち。←バスレフダクトの干渉があるかも…
大口径フルレンジユニットは、スルーで使うのは勿体ない。
高域をぱっとさせるような対策を講じるとより気持ち良い音になると思う。
また微小表現を改善できればと思う。
オケは大口径が良いですね。圧巻

【審査員Dさん】
●音質 7点 ●デザイン 5点 ●コンセプト 5点 ★合計17点
〈コメント〉
五角形のつぎ合わせが見事です。
ひかえ目な低音がgoodです。
口径の割には、中音の甘さがないように感じました→ボーカルがやややせて感じました。もう少しふくよかでもいいと思います。
第一の空気室に対し、SPの口径が大きすぎるのかも知れませんね。
部屋がちがうとまたちがうかも知れませんね。

【審査員Eさん】
●音質 9点 ●デザイン 4.5点 ●コンセプト 4点 ★合計17.5点
〈コメント〉
なし

【審査員Fさん】
●音質 8点 ●デザイン 3点 ●コンセプト 4点 ★合計15点
〈コメント〉
中高域にやや乾いた印象の帯域を感じますが、バランスが良く、押し出しも良い。
大口径の欠点を感じないまとまりの良さを感じる

【審査員Gさん】
●音質 7点 ●デザイン 4点 ●コンセプト 5点 ★合計16点
〈コメント〉
低音はすごいけど、逆に高音が弱いのでツィータ等で補えばもっと良くなると思います。

【審査員Hさん】
●音質 8点 ●デザイン 2点 ●コンセプト 5点 ★合計15点
〈コメント〉
超高域が小さすぎる!ツィーターつけようぜ!!
低域~高域はばっちりです。
丁度良いのでここちよくきくことができました。
多角形で良いデザインですが、上の板がビミョウかも…。
でもコンセプトいいです。

【審査員Iさん】
●音質 7点 ●デザイン 4点 ●コンセプト 5点 ★合計16点
〈コメント〉
Lowもう少し高いほうがいい、不足。
フルレンジ1発ではもったいない。ツイーター追加?

【審査員Jさん】
●音質 7点 ●デザイン 3点 ●コンセプト 2点 ★合計12点
〈コメント〉
なし

【審査員Kさん】
●音質 7点 ●デザイン 3点 ●コンセプト 4点 ★合計14点
〈コメント〉
なし

【審査員Lさん】
●音質 9点 ●デザイン 3点 ●コンセプト 4点 ★合計16点
〈コメント〉
音がソフトで耳あたりがよい。
高音がキンキンしてなくてききやすい。
持ちこみのCDの音楽は始めぶぶん迫力うすかった。

以上です…。

規格外の出品にもかかわらず、ていねいに審査いただいたみなさんに感謝いたします。
どうもありがとうございました<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

以下、各審査員さんへのレスを書かせていただきました(^‐^)

《審査員Aさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
今回は塗装が間に合わず、たいへん失礼な状態で出品してしまい申し訳ありません。
最終的にはカシュー塗料の拭き塗りで仕上げたいと思っています。
それにより、ご指摘箇所が改善されればいいのですが…。
ホルンの音については当初ユニットのダンパー音かと思っていましたが、そうではないようです。
原因はまだわかりません。

《審査員Bさんへ》
ほぼ満点をつけてくださったのはあなただけです(^^;)
どうもありがとうございます。

《審査員Cさんへ》
ダブルバスレフの共振周波数の分散についてアドバイスどうもありがとうございます。
通常は間隔が逆なんですね。不勉強で知りませんでした。今後に役立てます。
ダクトの干渉の件も、もっと気を付けて聴き込んでみたいと思います。
高域の問題はみなさんおっしゃいますね(^^;)
ツイーター追加の検討中です。
微小表現については、エンクロージャの背圧も関係しているかもしれませんので実験していきたいと思います。

《審査員Dさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
中音域のツヤについては塗装で多少改善できるかも…と期待はしてるんですが。
またツイータの追加も考えていますので、そのあたりでうまくいけばとも思います。
第一空気室の容量については私もまだまだ実験中で、わからないことだらけです(^^;)
いろいろとやってみるしかないみたいですね。

《審査員Eさんへ》
デザイン4.5点という細かい採点ありがとうございます。
あのデザインは好き嫌いが分かれるのでしょうね。
もちろん私は好きですよ(^‐^)

《審査員Fさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
乾いた帯域というのは的確な表現ですね。
「がさついている」「甘さがない」と表現された方もおられます。
おそらく同じ感じを言っておられると思います。
塗装とツイータで改善をめざしたいところです。

《審査員Gさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
端的なご指摘、そのとおりだと思います。
ツイーターの追加で改善を目指してみますね。

《審査員Hさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
ツイーターはやはり必要ですね。ツイーターつけたるで!
反響板はビミョウですか…(-_-;) おそらく「見た目が」ビミョウなんでしょうね。
でも、効果はけっこうあるんですよ、コレが…。
とか言わずにもうすこしカッコイイ方法を考えてみます。
ご指摘ありがとうございます。

《審査員Iさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
低域の不足感はよくわかります。
音が「太くない」ですもんね(^^;)
自然な感じで量感のある低域をめざして現在、振動板面積をふやす実験(ユニットを追加する実験)も始めています。
うまくいけばいいんですが…。
あとツイ-ターは絶対つけますね!

《審査員Jさんへ》
デザイン、コンセプトともに評価いただけませんでしたね(^^;)
どちらも理由はよくわかります。
コンセプトもよく説明できず、わかりずらかったと思います。
ちゃんと説明書類も出せるよう、次回から気を付けますね。
デザインは…ね。どうしましょう。

《審査員Kさんへ》
やはりデザインがネックですか…(-_-;)
ビミョウな反響板がもっとマシなら、よかったのかなぁ。
そんな問題でもないですかね。

《審査員Lさんへ》
コメントどうもありがとうございます。
ご指摘のように、特に自由曲は冒頭部分の音量が足りませんでしたね。
ユニットの能率が高いので、意識して音量絞りすぎました(^^;)
音量で音の印象もずいぶんかわると思いますので、今後は気を付けたいと思います。
アドバイスありがとうございます。

12名もの方に審査いただいたので、バンビーノの欠点が浮き彫りになりました。
これで次に進めますね。

次回、バンビーノがみなさんのお目にかかるときには生まれ変わっていると思います(^‐^)
参加させていただきまして本当にありがとうございました。<(_ _)>m(_ _)m<(_ _)>m(_ _)m

さて、こういうイベントでのもうひとつの楽しみといえば…!

ジャジャ~ン! そのあとの 「打ち上げ」 です\(^〇^)/

今回もオメガの会の忘年会に参加させていただきました!
なんと、焼き肉食べ放題です。(お酒、ビ~ルは別料金っ!)

オメガの会 忘年会

参加者のみなさん、おつかれさまでした!(^‐^)

広島最高っ!
オメガの会よ、永遠なれ!

【写真は、写っている方の了承を得て掲載しています(^‐^)】
スポンサーサイト

鈴木
こんばんは。

今日は一気に2回も更新ですね。イベントの様子が良く分りました。他の方のブログも拝見したのですが、あまり詳細な情報が無かったので、想像しか出来ませんでしたが、今回は良く分りました。

バンビーノの音も是非聴いてみたかったです。
しかし、ただでさえ大変な力作なのに、カシュー塗装して、ツィーターまで追加すると、ン百万円相当の高級品になってしまいますね。
タンノイの大型機種と聞き比べてみたいです。
審査員の方々のコメントを読んで(点数そのものは絶対評価ではありませんが)実際に聞いた気分になりました。
低音が少なめなのは、多分、エージングの不足ではないかと思います。ひょっとすると音量が小さくて低音の負荷がかからなかったのかもしれません。
エージングを早くするにはカラオケが良いそうです(但し壊す虞もあるとのこと/S県のIさん情報)。
焦らずにゆっくりと調整してみてください。

ブログの更新を有難う御座いました。
それではまた。
2010.01.13 22:53
おがの
はじめまして、おがのと申します。いつも楽しく
ブログを拝見しています。私はSawada-audioさん
の常連客で、松さんが自作SP持参で来店された
こともマスターより、お聞きしています。

さて、今月31日(日)にSawada-audioさんで、生
演奏会(ホームコンサート)を実施されるそうです
至近距離で生の楽器の音色を楽しめる機会は意外
と無いものです。演奏者のレベルは澤田さんのお
墨付きですので、チケット代以上のハイレベルな
演奏間違いなしです。
もし、ご都合がよろしければ、ご参加を検討して
あげてください。Sawada-audioさんのホームペー
ジに案内が出ております。

これからもブログの更新を楽しみにしております
SP制作、頑張ってください。
2010.01.14 15:45
matsu
バンビーノ設計段階ではたいへんお世話になりましてありがとうございます。
ちょっと未完成な部分もありましたが、一応音を聴いていただくところまでは間に合いました(^^;)
でも本来のMCAP-CR型の音が出ていたかどうか、正直疑問なところもあります。
確かめるためには鈴木さんにお聴きいただくほかはないのですが…。

ユニットのエージング不足は考えられますね。
ユニットは11月のはじめに購入して裸の状態で一月ほどは鳴らしていたんですが、もともとダンパーがかなり硬そうなので、まだまだ不十分なのかも知れません。

もうしばらく様子をみてみますね。
2010.01.15 16:20
matsu
はじめまして。
コメントどうもありがとうございます<(_ _)>

私がいつもたいへんお世話になっている、SAWADA AUDIOさんのお客様なんですね(^‐^)
いつもブログを見ていただきましてどうもありがとうございます。

コンサートの情報どうもありがとうございます。
31日は豊岡で新年会の予定があるのですが、同席する友人の都合があやしくなってきました(^^;)
もし(うまく?)延期になれば、31日はコンサートにはぜひ行かせていただきます(^‐^)
おがのさんも来られるのでしたら、お会いできるかもしれませんね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
2010.01.15 16:30

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/118-ba3b16cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。