スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新システム 「バンビーノ」 製作予告編!

.02 2009 バンビーノ comment(0) trackback(0)
今週から製作を始めようと思っていた新しいスピーカーシステム 「バンビーノ」 ですが、まだ作り始めていません(^‐^;)
明日からはようやく作業ができそうです。

作業を始め出すとブログの更新が滞るとおもいます(^^;)ので、新システムがどのようなものか、今のうちにちょこっとご紹介しておきますね。

ユニットには前回のブログでご紹介したSICA製Z007360という12インチ(30cm)フルレンジを使います↓

SICA Z007360 裏面

エンクロージャは 「MCAP-CR」 型です。
MCAPーCR型についての詳しいことは開発者でもある鈴木さんのHPをご覧ください。

設計の際、 鈴木さんには特別に詳細な計算を行っていただくなど全面協力していただいております。\(^〇^)/
鈴木さん、いつもご協力ありがとうございます。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

で、どんな感じかというと、こんなんです↓

バンビーノ285 CAD画像

エンクロージャの形状は「変形五角柱」で、内部はMCAPーCR型の特徴である 「主空気室」 と 「副空気室」 に分かれています。

「主空気室」 は 約54リットル、「副空気室」 は2室あり、それぞれの容積が 38リットル と 32リットル あります。

ダクトは合計4本で、共振周波数も4つです。
共振周波数は、低いほうから 32.1Hz、45Hz、60.1Hz、80.0Hzに設計しています。

MCAP-CRの設計者である鈴木さんによると、このような大型のシステムは実験されたことがないそうなので、ますます期待?が高まりますね(^‐^)

このシステムがMCAP-CA型というのも大きな特徴ですが、そのほかにもいろいろと私なりのアイディアをつめこんであります。

完成して、そのアイディアが成功すれば公表しましょう!\(^〇^)/
失敗すれば………っておきます。

エンクロージャの材料は、18mm厚の 「フィンランドバーチ合板」 です↓

バーチ合板

この合板、お使いになったことのある方はおわかりかと思いますが、メチャメチャ重いです(^^;)

バーチ合板 断面

ラワン合板なんかにくらべると、一見してプライ数(重ねられている板の数)が多いことがわかります。
数えてみると、18mmの厚さで13枚重ねてありました。

さあ!それでは製作の準備をしますね。

加工を始めると、工房の中は木屑だらけになりますので、ブログを書いているこのパソコンも他の部屋に避難させます。
作業の合間に時間がとれればブログを更新するかもしれませんが、しないかも知れません。
その場合はごめんなさい。

それでは、次回更新までお元気で!\(^〇^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/105-1dd9c5aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。