スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桔梗製作記 天板の面取り 作業編

.14 2009 「桔梗」製作記 comment(0) trackback(0)
ずいぶん空きましたが、天板の面取り加工のつづきです。
あまりに空いたんで、もう忘れましたよね(^‐^;)
思い出すためには10月2日のブログをごらんください。

前回は面取りの角度をCADをつかって計算しました。
ここからはアナログな「手作業」です(^‐^)

桔梗 天板カットモデル 背面板との角度

上図は面取りの寸法図ですが、ちょっとわかりにくいので説明しておきます。

左から出ている「白いかたまり」は「天板の断面」です。
この板の右端が「木口(こぐち)」で、木口はすでに約58度に斜めに切り落とされています。

ここに10.00mmの深さに面取りをすると、図のような断面形状になります。
白い実線で囲まれた「三角形の部分」が面取りによって切り落とされる部分です。

さて、ここまでわかったら加工はできそうです。
もちろん面取り部分は変則的な角度なので、市販のトリマ刃は使えません。

ではどうするか。

面取りしたい部分だけを露出させて、サンダーで削り取ることにしました(^‐^)

そのための「ジグ」が下図のオレンジ色の部分です。

桔梗 天板カット! ガイドウェイ
(図は断面なので、ジグの全体の形は「三角柱」になります)

ジグは面取り部分の左右に2本必要です。

ジグ断面の三角形のひとつの角度が、それぞれ「59.68度」と「62.16度」になるように作って両面テープで貼り付ければ、図のように「削り取りたい部分」を露出させることができますね。

図だけではなかなかわかりづらいですが、写真をみればすぐにおわかりいただけると思います↓

桔梗 天板カット! ガイドウェイ 写真
(なにやら数字が書いてある板がジグです)

あとはジグから出ている部分をサンダーで削ればOKです。

桔梗 天板カット! サンダー
(写真はバッフルと天板のあいだの面取りです)

そしてこの方法で前と横の2面を仕上げたところです↓

桔梗 天板カット! 2面仕上げ

左が天板すべてに面取りをしたもの、右はまだ面取りしてないものです↓
面取りするとずいぶんいい感じになりますね(^‐^)

桔梗 天板カット! 仕上がり

次回はエンクロージャのあしもとに「溝」を彫っていきます。

この溝、単なるデザインだけのものです(^^;)
それでもおたのしみに!(^‐^)
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://getemoncraft.blog113.fc2.com/tb.php/103-677181e9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。