スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桔梗製作記 天板のとりつけ

.26 2009 「桔梗」製作記 comment(6) trackback(0)
たいへん永らくおまたせしました(^‐^;)
「桔梗製作記」復活します。

前回は天板部分の「斜め切り落とし」まで進みましたね↓(もう忘れました?(^^;)

桔梗 天板カット後! 2

手引きノコで切り落としたので、切り口はすこしガタガタしています。
平面性もでてません。

このままでは天板がきれいに接着できないので、ヤスリ掛けをします。

「平面性」を出すためには、断面部分を一度に(同時に)ヤスリ掛けするのが一番ですが、そんな大きなヤスリはないのでつくります。

といっても別にむずかしいものではなくて、大きめの板に紙ヤスリを貼り付けただけのものです。

貼り付ける板が反っていたんでは意味がないので、余っていた21mm厚のMDFで作りました。
これに市販されているサイズ(230mm×280mmぐらい)の紙ヤスリの240番を両面テープで固定しました(ヤスリの写真は撮り忘れましたのでありません)

ヤスリを掛けるときは直線往復運動ではなくて、ヤスリをぐるぐると回す感じで掛けました。
こうするほうが「平面性」は出しやすいようです。

作業は思っていたよりも早く、一本あたり15分程度で仕上げることができました(^‐^)

それでは天板を作っていきましょう。

天板は現物合わせでつくります。

必要なサイズよりも大きめの板を切り口の上に乗せて、そこに側板の輪郭をエンピツでなぞって写します。
そして、その線よりもちょっと外側をノコ盤で切り落として、だいたいの形にします↓

桔梗 天板仮のせ
(ここでちょっと一休み。天板をガムテープで仮留めして、とりあえず音をだしてみました。天板がバリバリに振動してビビるので、フォックシートを気休めに乗せてみたところ、わずかにマシになりました。やはり天板部分にはかなりの音圧がかかるようなので、仮留めではムリですね)

天板の裏側全体にSSC塗装をしたあと1日以上放置。
そのあとエンピツでなぞった線から板厚分内側に線を引き、その部分にカシューを塗装します↓

桔梗 天板カシュー塗装

2日ぐらい放置してカシューが乾いたら、位置に注意しながら本体に接着します。
丸1日以上経って接着剤が乾いたらいよいよ仕上げていきましょう。

天板はおおまかなサイズに切ってあるので、縁の部分が出っ張って残っていますね。
まずこの部分をきれいにしていきます。

木工技術のある方は、どうぞ「カンナ」を使ってください(^^;)
私は「トリマ」を使うことにします(なんで?)

で、こんなもんを考えてみました↓

桔梗 トリマカンナ

名付けて「自動面だしカンナ」!

21mm厚のMDFで作った簡単なトリマ用のジグですが、これがけっこう重宝します。

トリマの刃先をジグ底面と面一(つらいち)にセットして、このように↓使います。

桔梗 トリマカンナ使い方

このままグリグリと天板のはみ出している断面部分を削っていくだけです。
ジグが浮き上がらないようにさえ注意して作業すれば「あっ」というまに削れます。

カンナのような高度な技はいりませんね(^‐^)

これですべての面を仕上げればOKです。

次回は「天板の面とり」を行います。
この「面とり」、けっこうやっかいです(^^;)
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。