スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊田高専放送研究部 第二回長縄杯レポート! その3

.25 2009 豊田高専放送研究部 comment(0) trackback(0)
「安くてボリュームがあり味もいい!」
この日の昼食代は420円。

そんな学食での昼食を終え、いよいよ長縄杯がスタートしました。

まずはAチームから。

Aチーム 発表

●Aチームのシステム

はじめの音が出た瞬間にバランスの良さがわかるシステムです。
低域から高域までストレスなく再生し、どのような曲でも難なく再生してしまいます。

いちばん驚いたのは、板厚が6ミリ程度なのにブーミーな音がしない!
きっと補強がしっかりとされているためなんでしょう。

音にすこし余韻が付加された感じはありましたが、けっしていイヤな音ではなく、ライブ録音の再生では臨場感が抜群でした。

曲によっては高域のレベルがやや高めに感じるものもありましたが、これはツイーターのキャラクターかもしれません。

そしてBチーム。

Bチーム 発表

●Bチームのシステム

個人的にはダンボール製のエンクロージャの音は好きですね。
私もシステムを製作するときに、まずダンボールで試作機をつくることがけっこうあります。
ヘタをすると、本製作のシステムよりもダンボール試作機のほうが良い音がすることもあります(^^;)

音は「カラッ」としたさわやかな感じで、Aチームの作品同様、高域から低域までバランスが良い!

こちらの作品も内部補強がしっかりされているのと、ダンボールを積層して強度を出しているためブーミーな音にはなりません。

小音量から大音量まで音色が安定していて、見た目とは裏腹に(ごめんなさい)、ビビリなんかのノイズもありませんでした。

同じツイーターを使っていたためか、曲によってはAチームと共通のキャラクターを感じるところもありました。

そして最後にCチーム。

Cチーム 発表

●Cチームのシステム

はじめて音が出た瞬間、AMラジオのような音にビックリ!

後面開放型は再生できる低域に限界があるうえに、この作品には下の写真のように発泡材が充填されていたので、どうしても中高音よりのバランスになってしまうようです。

Cチームのシステム 裏側

でもこれは「調整前」の音。

なんと、後面開放型のもつこのような欠点を補うため、グラフィックイコライザで低域をブーストして使う事を前提として設計されていたのです。

マイクで周波数特性を計測し、低域をブーストしたあと再び試聴。

はじめの音よりもバランスが格段に向上しました。

さすがにAチーム、Bチームのようなワイドレンジ感はありませんでしたが、後面開放型という構造からか、その音色の繊細さと正確さは3チーム中でトップでした。
とくにボーカルのリアリティは高かったと思います。

これでエントリー作品すべてのデモが終了しました。

長縄さん、森さん、そして私の採点を合計して、最終結果を出します。

第二回長縄杯 優勝者は!「Aチーム」でした!

総合的なバランスが最もすぐれていて、音楽を楽しく聴ける音色を持った作品です。
安価なユニットを使ったとは思えない音でした(^〇^)

コンテスト終了後、私が勝手に持参した「桔梗」のシステムも聴いていただける事になりました。

結果はいうまでもなく「完敗」でしたね(^~^;)

レンジが狭く低域にクセがある私のシステムは、広い会場で大音量で鳴らすとそれらの欠点がよくわかります。
とても高価なユニットを使ったとは思えない音でした(‐‐;)

まあ、そんなことはどうでもいいんです。

実は!なんと!「五稜」↓をお借りすることになりました~\(^〇^)/\(^〇^)/\(^〇^)/

五稜

2005年のSTEREO誌主催「自作スピーカーコンテスト」で「浅生明 特別賞」を受賞されたこのシステム。
自作スピーカーマニアならご存じの方は多いと思います。

コンテスト後にさらにチューニングが施され、「スーパー五稜」に生まれ変わっています(^‐^)

今回の第二回長縄杯でも、音の基準(リファレンス)機として使用されました。

設計は審査員でもある森さんです。

森さん自身が「作った中でも最もよくできたダブルバスレフシステム」とおっしゃるように、その音は素晴らしいものがあります。

低域から高域まで広大なレンジ感とダイナミック感がありながら、繊細でリアルな表現も併せ持つという音質で、一聴して気に入ってしまいました。

無理を覚悟でお願いしたところ、こころよくお貸しいただきました。
部長のFさん、どうもありがとうございます!

「五稜」のほかにももう一台、森さん設計のダブルバスレフ↓をお借りしました。

お借りシステム 2

このシステムも「五稜」と似た傾向の音をもっています。

なぜこんな魅力的な音がするのか、お返しするまでの間、じっくりと研究させていただきます(^〇^)

豊田高専放送研究部のみなさん!どうもありがとうございました!
スポンサーサイト

豊田高専放送研究部 第二回長縄杯レポート! その2

.18 2009 豊田高専放送研究部 comment(2) trackback(0)
長縄杯のレギュレーション(競技規約)は、放送研究部OBのもっさんこと森さんが決められたことは前回書きましたが、使うユニットの指定からコンテストでかける曲、さらに審査するときの採点方法まで、細かく決められていました。

とくに採点方法が具体的に決められていたので、はじめて審査員をさせていただく私にとってはたいへんありがたい配慮です(^‐^)

採点方法がどういうものかといいますと…

たとえば「音に関する項目」として、低音の量感に過不足はないか、ビビリ音などのノイズの影響はないか、リアルな表現はあるかどうか、などなどが採点の対象となります。

あと、「デザインに関する項目」や、「精神的な項目」というのまであって、システムの見た目から各チームのやる気までも採点対象になっています。

今回指定のユニット構成は「フルレンジユニット+ドームツイータ」です。

フルレンジはFOSTERの低価格ユニットで、ダブルコーンのもの(型番はわかりません)
ツイータは特に指定はなかったようで、ユニット単体で市販されているものから、メーカー製システムから取り外したものまでありました。

参加は3チームで、それぞれ方式の異なるシステムでの参戦でした。

まずAチームの作品から

Aチームのシステム

トールボーイのバスレフ型システムです。

バスレフのポートは底板部に下向きついていて、パッと見はわかりません。
足部分の隙間から低音が放射されるしくみになっています。

キャビネットの板厚は、たしか6mmぐらいだったと思いますが、内部は太い角材で補強されていました。

そしてBチームの作品

Bチームのシステム

なんと!ダンボール製か?!!

と思いきや、確かに外観はダンボールですが、内部には頑丈な木材製の骨格?がはいっています。

またよく見るとダンボールも何重にも重ね貼りされていて3cm近くの厚みがあり、見た目以上に丈夫そうです。

上から見ると、側板が後方に向かってカーブを描く「涙型」をしています。

バスレフ型で、ポートは後方についています。

最後にCチームの作品

Cチームのシステム

前から見るとわかりませんが、後方が開いたいわゆる「後面開放型」のシステムです。

それも通常の後面開放型ではなく、キャビネット内に発泡剤を充填して容積を抑制することにより、ユニットのf0(エフゼロ)で発生するコーン紙の動きに制動をかけ、逆起電流の発生をおさえてインピーダンス特性をよりフラットに近づけるという意図があるそうです。

私はこの方式は全然知りませんでした。

フルレンジユニットのサブコーンが切り取られているのもこのシステムの特徴です。

以上3チームでコンテストが行われた訳ですが、音についてのレポートは次回にすることにしましょう。

どうぞおたのしみに!(^〇^)

豊田高専放送研究部 第二回長縄杯レポート! その1

.14 2009 豊田高専放送研究部 comment(0) trackback(0)
なんというラッキー!!\(^〇^)/

以前から、オーディオ誌などに何度も掲載されている豊田高専放送研究部のみなさんが作るスピーカーシステムを拝見していました。

そして、「いったい実際の音はどんなんやろ?」といつも思っていました。

それが!なんと!!! 聴かせていただけるチャンスがやってきたのです!

5月に横浜ベイサイドネットさんで行われた「第5回 BSN 試聴会」に、豊田高専放送研究部のOBでもある「もっさん」こと森さんも参加されていて、そのときに「豊田高専さんの作品を聴きたいなあ!」とお話したところ、この「第二回長縄杯」にお誘いくださったのです!

では「長縄杯」とはなにか。

これは放送研究部のOBである長縄さん主催の部内スピーカーコンテストで、ある決められたレギュレーションに基づいて部員の方が何組かのチームに分かれてそれぞれスピーカーシステムを作り、その成果を競うというものです。

「自作スピーカーコンテスト」の部内版という感じですね。

審査は主催者である長縄さんと、コンテストの細かい規定を決められた森さんがされるのですが、なんと!僭越ながら私も審査員として参加させていただける事になりました(^〇^)

部員の方が一生懸命作られた作品を、部外者の私が審査させていただくのもどうかと思ったのですが、せっかくのお誘いでしたのでお受けすることにしました。

コンテスト開催日は7月23日。

このころは「壁掛け機関車」の製作に明け暮れていたため、寝るのが毎日午前4時ぐらいになっていました。

体のリズムもそれに慣れてしまっていたので、早起きして出かけるのはつらいものがありました。

そこで、前日の22日は製作作業を早めに切り上げて、午後11時ごろ大阪の自宅を出発。
東名高速の上郷SAに夜中3時頃到着し、翌朝まで車内で仮眠をとりました。

そして到着した豊田高専!

豊田高専 校舎

広いキャンバスはまるで大学のようです。

そしてココ↓がコンテストの会場となる教室です。ひろい!\(゜〇゜;)/

豊田高専 コンテスト会場

コンテストは午後からだったんですが私が早めに着いたので、部長のFさんが気を使って、豊田高専放送研究部の今までの作品をわざわざ運んできてくださいました!ありがとうございます!

豊田高専 今までの作品

豊田高専 今までの作品 2

オーディオ誌の紙面を飾ったシステムが次々と運び込まれてきました!

2005年のSTEREO誌「自作スピーカーコンテスト」で、あの「浅生明 特別賞」を獲られた「五稜」の姿もありますね。

音出しは私の持参したアンプとCDプレーヤーを使いました。

聴き比べを愉しんでいるうちにあっというまにお昼前になり、審査員の森さんも来られて、いよいよ昼食後にコンテストがはじまりました。

その様子は次回にご報告させていただきます!おたのしみに!(^‐^)

豊田高専放送研究部のコンテストレポート(予告)

.24 2009 豊田高専放送研究部 comment(0) trackback(0)
昨日、豊田高専放送研究部さんが主催された部内での自作スピーカーコンテストに同席させていただくことができました\(^〇^)/

書きたい事がいっぱいあるのですが、現在も展示物の製作作業に追われていて時間がとれません。

いずれ必ず詳しくレポートさせていただきますので、今はご勘弁ください。

豊田高専放送研究部のみなさま、ほんとうにありがとうございました!<(_ _)>

楽しくてとても勉強になる1日でした!
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。