スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹脂作家「中津順」さんのギャラリーにいってきました!

.14 2009 その他 comment(0) trackback(0)
みなさんは魚を捌いたことはありますか?

私はかつて「おいしい魚を自分で捌いて食べる会」というところで初めて本格的に捌きました。

今日はこの会のカリスマ調理講師、中津順さんのギャラリーにいってきました(^‐^)

中津さんは魚料理の腕だけではなく、魚をモチーフとしたオブジェも数多く製作されている(もちろん魚以外も)スゴ腕造形作家さんなのです。

全国の水族館などでも作品が販売されていますので、ご覧になった方もおられるかもしれません。

中津さん 作品1
中津さん 作品2
中津さん 作品3
(オブジェはもちろん、作品の入っているケースもすべてご本人の手作りです!クオリティの高さからは信じられない低価格も大きな魅力です)

あの「チョコエッグのおまけ」の原型を作られた事もあるという実力の持ち主で、その造形のすばらしさ、彩色の美しさには圧倒されます(^〇^)

きょうも「塗装の話」から「木工の話」、「NCフライスの話」にいたるまでしゃべりまくり、あっというまに4時間がたってしまいました(^‐^)
長時間、おじゃまいたしました(^‐^;)

またいろいろと教えてくださいね。

中津さんと

●中津順 作品展示即売会 ―魚好きのおじさんが作った樹脂の魚たち―
 天保山マーケットプレース3F  忍屋奥 「GALLERY SAMURAI JAPAN」
 TEL 06-6576-5735
 
 交通:市営地下鉄中央線「大阪港」駅下車 徒歩5分

 2009年 6月13日~6月21日まで開催中です!

●中津順さんの作品が買えるところ
 
 東京葛西臨海水族園(東京都)
 名古屋港水族館(愛知県)
 須磨水族館(兵庫県)
 城崎マリンワールド(兵庫県)
スポンサーサイト

紙のサンプル

.14 2009 その他 comment(0) trackback(0)
先日取りよせた「紙のサンプル」

「壁掛け機関車 8620形」製作のための紙をさがすため、紙のメーカーさんから取りよせました。

紙のサンプル帳

紙とひとくちにいっても、かなりの種類があります。

表面にエンボス加工のあるもの、メタリックの質感があるもの、車の塗装面を思わせるような光沢のあるものなど、見ているだけでも飽きません(^―^)

「壁掛け機関車」では、すべて紙自体の色と質感をつかって機関車を表現したいと思っています。

材料だけを見ると模型というよりはペーパークラフトに近い感じがしますが、目指しているのはあくまで「本物っぽさ」です。
でも「壁掛け」ですから、ただリアルに仕上げるだけではなく「インテリア性」も出せればと思っています。

紙の選択のなかで今悩んでいるのは「鉄の質感をどう表現するか」です。

黒く塗装された機関車本体部分よりも、鉄の地肌むき出しの、たとえば主連棒や連結棒、車輪のタイヤ部分やロッド関係などの表現がむずかしい…。

鉄の地肌はメッキのようにピカピカしている訳でもなく、アルミのように白くくすんでいるわけでもない、独特の重厚感があります。
これをどの紙で表現するか。

まあ、こんなことを悩んでいるのもけっこう楽しいんですけどね(^‐^)

さて、今日の夜は阪神百貨店に商品(作品)搬入と設営にいってきます!
いよいよ明日から7日間、「まるごと猫フェスティバル」がはじまります。

設営はいつも夜の9時ごろから始めて、夜中12時ごろまでかかります。
それでも間にあわないと、翌日(フェスティバル当日!)の朝はやくから出てきてやります。

それが済めば一段落。

店番は接客がとても上手なうちの嫁さん(お客さんに可愛がられるタイプ?)にまかせて私は家で仕事をするというのがパターンです(;^^)

が!あすは1日かけて「梅小路蒸気機関車館」にC51の取材にいこうと思っています。
いやー楽しみですね!(^〇^)

ヘッドマークは完成した?

.22 2009 ヘッドマーク comment(0) trackback(0)
うーーーん!!
なかなかうまくいきませんね(;;^^)

サークルカッターでの円切りですが、断面が斜めになるのはもちろん、どうも真円に切れてません。
サークルカッターを回すときに中心に刺した針が微妙にずれてくるようです。
うまい人が切ればそんなことはないんでしょうが…。

というわけでヘッドマーク、できたことはできましたが、やり直したわりには???です。

ヘッドマーク 最終

前につかったメタリックペーパーをやめて、今回はヘアラインシルバーの紙をつかいました。
より金属っぽくはなりましたね(^‐^)

マーク部分はオリジナルのデザインがはいっているんですが、著作権の関係でブログでは公開できません。ごめんなさい。

でも接着剤は試しました。

今回つかったのはコレ↓

スチのり

とコレ↓

PIT

「スチのり」のほうは、とにかくスチレンボードがほとんど反り返ることなく接着できます。

もともとこういう用途のものなので当然かもしれませんが、これはいいですね。
紙の接着に使っても、紙が反り返ったりシワになることがありません。
ムラなく塗るのがすこしむずかしい感じですが。

「PIT」のほうは、なんといっても塗りやすさが一番です。

以前使った「シワなしPIT」よりもノリの部分がやわらかい感じです。
ただスチレンボードに塗ると、塗った面と反対側にソリます。

「シワなしPIT」があるぐらいですから、ただの「PIT」はシワシワになるかというと、そうでもありませんでした(^‐^)
色画用紙を貼ってみましたが、シワも出ずに貼れました。

ということで、接着剤についてもいろいろとわかりました。
また次に役立てたいと思います。

ヘッドマークやりなおし?

.20 2009 ヘッドマーク comment(0) trackback(0)
5mmでアカンのやったら3mmでどや!

という感じで3mmのスチレンボードで再挑戦してみました。
厚みが減った分、切る枚数はふえますけどね(;^^)

ヘッドマーク 切り抜き


結果、切り口が斜めになるのはあまりかわりませんでした。
でも厚さが薄くなった分、斜めになる度合いはましになりますね。
重ねてみると、なんとなくいけそうな気が…。

ヘッドマーク 板重ね

エイヤッ!!と一気に作りあげてみましたが…、やっぱりダメでしたね。

断面が斜めになったこともありましたが、今回の失敗は貼り重ねるときのズレです。
木工用ボンドを使ったせいもあって、位置あわせして貼ったのに、押さえてるあいだにヌルヌルとずれてしまいました。
接着剤の選択も(もちろん腕も)よくなかったようです。

一応、仕上げのメタリックペーパーを全体に貼り込んでみたんですが、ズレているぶん、きれいに貼れませんでした。

ヘッドマーク 完成?

写真ではあまりわかりませんが、まあ、ひどいもんです(;^^)

これは知人にプレゼントするものなので、このままではとても渡せませんね。
あーあ、せっかくつくったのに…とか言っていてはいけませんね。
こういうときは四の五の言わずやり直すしかないことはわかってます(:‐:)

さっそくスチレンボードを買いなおしてきました!
接着剤もいろんなのを買ってきましたよ!(^〇^)

ノリだらけ

どれがいいか実験してから本番にのぞみます(はじめからそうすれば?)

渡すのは明後日なので、明日中に完成させねば!

エクステンション!

.14 2009 その他 comment(0) trackback(0)
スチレンペーパーを直径22cmの円板に切り抜きたい!

そう思ったのですが、どうもウチにある道具では無理のようです。
サークルカッターというのは持っていますが、切り抜けるのは直径15cmまでです。

そこで近くのホームセンターにさがしにいきました。
ありました!いいのが\(^〇^)/

ちょうど私が持っているサークルカッター用の「エクステンションバー」です↓

サークルカッター エクステ

これで直径40cmまで切り抜けるとのこと。
さっそく5mmのスチレンを切り抜いてみます。

スチレンペーパー円カット

うーん、円はきれいに切れるんですが、切り口がすこし斜めになりますね。
切り方がわるいのか。

3つ切り抜いてみましたが、どれも同じように斜めになります。

もともと5mmもの材料を切るようには出来ていないのかもしれません。
パッケージに「軽作業用のエクステンションスライド」と明記してありますからね(;^‐^)

数枚の円板を重ね貼りして厚みのある円板をつくろうと思っていたんですが、切り口が斜めになるとなると、仕上がりがきたなくなってしまいます。
この方法は使えませんね。

また別の手をかんがえます。

ちなみに何をつくるのかというと、「ヘッドマーク」です。
(ヘッドマークというのは列車や機関車の先頭部分につける、列車名や絵柄のはいった名札のようなものです)

実物のヘッドマークは、丸型のもので直径が66cmというのが規格のようです。
今回つくるのは22cmですから3分の1になります。

この大きさ、部屋に飾るにはちょうどいいかなと思っています(^‐^)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。