スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごいぞ!初代NSスピーカー♪

.31 2010 NSスピーカー comment(13) trackback(0)
先日、お知り合いになったばかりのデザイナー、Yさんの自宅におじゃましてきました。

目的は 「初代NSスピーカーシステムを聴かせていただくこと」

「NSスピーカーって、YAMAHAのスピーカシステムのこと?」
はい。そうです(^‐^)

YAMAHAのスピーカーシステムは 「NSシリーズ」 としても、たくさんのラインナップがありますよね。
ちなみに「NS」とは「ナチュラル サウンド」の略だそうです。

今回聴かせていただいたシステムは、40年近く前に作られた 「NS30」 です ↓

NS30 全体

なんじゃこりゃぁ!!\(゜〇゜;)/

この NS30 は3WAYシステムで、巨大な振動板をもつウーファを備えています。
スコーカーですら、これで30cmありますからね~(^^;)
能率は103dBの超高能率。

とくに、ウーファに使われている JA6002 というユニット、振動板の面積がはんぱない(笑)

市販品のなかではおそらく最大面積を誇るユニットだと思います。

縦およそ90cm、幅およそ60cm! 
ピアノの響板を思わせる、不定形な振動版です ↓

NS30 JA6002

しかも振動板の厚さは1cmほどあって、エッジがありません!
振動板のフチは、なんと直接フレームに固定されているんです。
フィクスドエッジというにも程がある…(笑)

実際に振動板を手で押してみても、ビクとも動かない(笑)
大げさに聞こえますが、ホンマです(^‐^;)

でも、こんな「動かない振動板」でまともな音が出るんか??!
と思いますよね。

音を聴いてビックリしました!!

雄大でクセのない自然な低音がしっかりと再生されるんですよ。
それも十分な音圧がある。

再生中に振動板に手をふれてみると、わずかに振動しているのがわかる程度です。
でも、しっかり腹に響く重低音がでている…。

動作的には、ボイスコイルのある部分がいちばん振幅が大きくて、フチにいく程振幅は小さくなる という感じになりますね。

「鬼太鼓座」 のCDを 「ひかえめな音量」 でかけていただきましたが、18畳以上ある部屋全体を揺るがす音圧です。
着ている服を通過して、肌に感じる太鼓の響きです。
生音なみの大音量も出せるそうですが、家中がビリビリ振動するとのことでしたのでやめました(^▽^;)

この感じは、生音にかなり近いものがあります。

エンクロージャというよりは、ユニットを支える「枠」のようなキャビネットなので、低音はすべて振動板からの音です。
バスレフやバックロードホーンとは全く違う音質の低音です。

中高域も細かい音がよくでていて、弦楽器や管楽器の質感がすばらしかった!

スコーカーの30cmユニットもバックキャビティがありませんから、背圧がゼロです。
これが細かい音の再現に貢献しているのかもしれませんね。

なんか、凄い体験でした。

すっかり 「初代NSスピーカー」 の音が気に入ってしまい、欲しいなぁと思っていたら、なんとオークションで 「NS250」 が出ているという情報をYさんからいただきました!(゜〇゜;)

NS250は、上記のNS30よりもかなり小型のシステムです。
私の部屋にはちょうどいいサイズなんですよ。

さっそく落札しましたぁ~(*^〇^*)

Yさん、どうもありがとうございます!

NS250 

「NS250」 は2WAY構成ですが、黒い振動板の大きなユニット(JA3501)はフルレンジ動作をしています。
なので、正確には フルレンジ+ツイータ という構成ですね。

灰色の金属部分はすべてJA3501ユニットのフレームです。バッフルではありません。
「システムの全面がユニット」 と言う感じです。
なので、「ユニットが立つように枠をつけただけのシステム」とも言えますね(^‐^;)

裏は抜けていて、後面開放型のキャビネットになっています。

JA3501は、縦46cm、幅35cm の振動板を持っています。
中央部分が少しすり鉢状になっていますが、あとはほぼ平面です。

写真でエッジのように見える部分がありますが、スポンジが上から貼り付けてあるだけでエッジではありません。
振動板のフチはフレームに直接取り付けられています。

ボイスコイル径は63mmあり、センターキャップがドーム型のような働きをしているようですね。

大面積振動板なのに指向性がとても広いです。
YAMAHAの説明によれば、「振動板での高域の分割振動が分散されるために、広い指向性が得られる」 とのことです。

分割振動が中心部分だけでなく、振動板全体で起こるように設計されているという事のようです。

そのためか、サービスエリアはかなり広いですね。
通常のコーン型10cmユニットにちかい感じです。

「大口径=指向性がせまい」 という公式はJA3501にはあてはまらないようです。

これからしばらく聴きこんで見たいと思います。

またご報告しますね(^‐^)
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。