スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカー再生技術研究会 オフ会レポート 脱線編 バンビーノ解説その1

.15 2010 スピーカー再生技術研究会 comment(2) trackback(0)
ずいぶん間があきましたが…オフ会レポートの続きです。

前回は 「N.D.R.型バンビーノ」 の発表の様子をご紹介しました。
その続きです。
今回からは、このシステムについてちょっと詳しくご説明したいと思います。
なので、オフ会レポートではないですね(^▽^;)ゞ

バンビーノは MCAP-CR型 のエンクロージャなんですが、本来のMCAP-CR型とは動作方式がちょっと異なります。
何が違うのかというと、ダクトのチューニング方法です。

本来のMCAP-CR型は、内部ダクトのチューニングを「高い周波数」 外部ダクトのチューニングを 「低い周波数」 に設計します。
この方法は、従来のダブルバスレフと基本的には同じ設計方法です。

ところがバンビーノはこの逆、つまり内部ダクトのチューニングを「低い周波数」 外部ダクトのチューニングを 「高い周波数」 に設計してあります。

「そんなん、勝手に逆にしても問題ないの?」 と思いますよね。私も思いました(笑)
では、なんで逆にしたか。

実は、内外のダクトのチューニングを逆に設計したスピーカーシステムの音を過去に聴いたことがあるからです。
そのシステムの音は素晴らしく、自然で量感も必要十分な低域再生能力がありました。

そのシステムがコチラ↓

五稜 2

以前、このブログでも紹介させていただいたことありますね(^‐^)

豊田高専放送研究部のみなさんが作られた 「五稜」 という作品です。
2005年のSTEREO誌 「自作スピーカーコンテスト」 で 「浅生明特別賞」 を取られた作品でもあります。

このシステムの音は素晴らしく、「逆ダブルバスレフって、自然な低音なんやなあ!」 と思った印象が強烈に残っていました。

二つ目の理由。それは 「エンクロージャが設計しやすい」 ということです。

ダクトのチューニングを低くするとダクトが長くなりますが、内部のダクトを長くすることは設計上からも比較的簡単です。なんせ内部ですから。
縦にしようが横にしようが、設置しやすい方向に設計できますね。

これに比べて、外部ダクトは最終的に 「音が出てくる」 開口部になるので、その設置場所が限定されてきます。
通常のように、ダクト開口部をシステム正面にもってくるのであれば、エンクロージャの奥行きを深くするか、ダクトを折り曲げるかしないと、長いダクトの場合は収まりません。

三つ目の理由は、MCAP-CR型の開発者であられる鈴木さんのお言葉です。
以下、再現ドラマふうに…

私 「ダクトのチューニングを中と外で逆にしたいと思うんですが、できますかね…??」

鈴木さん 「やったことがないのでわかりませんが、設計プログラムのダクト設計周波数を内外で逆にしたもので試されてはどうでしょうか」

私 「それでうまくいきますかね?」

鈴木さん 「正直、やってみないとわかりません。どういう結果になるのか楽しみです」

《注)上記会話は正確なもんではありません。あくまでイメージです》

これできまりました(笑)

「やってみるまでわからない」 って、なんて魅力的な言葉なんでしょう!
じゃあ、やるしかないですからね(≧▽≦)

で、設計したのがコレ↓

バンビーノ スケルトン

内部は三層構造になっていて、いちばん上が 「主空気室」 で、下2つがそれぞれ 「副空気室1」「副空気室2」 になっています。

さらにわかりやすく、ダクト部分の詳細図がコチラ↓

バンビーノ ダクト説明

ダクトはすべて内径100mmのVP塩ビ管です。

各ダクトの設計共振周波数は下記のとおり。

425mm : 38.9Hz
310mm : 48.9Hz
90mm  : 70.1Hz
70mm  : 89.4Hz

ダクト径が100mmと大きいため、共振峰がブロードになるだろうということで、チューニングはおよそ20Hz間隔になっていますが、最低部のみ約10Hz間隔になっています。

当初は最低部のチューニングを約30Hzに設計していたんですが…「ダクト長が500mmをこえてくると、ダクト自体の共鳴音が気になるかも」 という鈴木さんのアドバイスをいただいたので、途中から425mmとしました。
その結果、共振周波数が38.9Hzになっています。

かくして 「逆MCAP-CR型」 のシステムができあがりました!

肝心の音ですが、バスレフ臭さがあまりない自然な感じに仕上がったように思います。

オフ会でお聴きいただいた方からも 「バスレフのクセが感じられない」 「乾いた低音」 「コンサートに近い低音」 などのご感想をいただきました。

ただ、逆バスレフがうまく働いたのか、ダクト径が大きいためクセが出にくかったのか、ひょっとしたらバスレフとして十分動作していなかったのか…は、わかりません。
まだまだ研究が必要ですね。

次回もこの続きです。
もうちょっとおつきあいいただければと思います(^‐^)
スポンサーサイト

スピーカー再生技術研究会 オフ会 レポート その4

.20 2010 スピーカー再生技術研究会 comment(10) trackback(0)
いよいよバンビーノのデモの時間です…時間も押していたんで、サラッとです(笑)

バンビーノを昨年の12月に、広島のオーディオクラブ 「オメガの会」 で発表させていただいたときにはまだ N.D.R.化はしてませんでした。

オメガの会 BBと私
(昨年12月 「オメガの会」 でのデモのときのシステムです。)

このときみなさんからご指摘いただいた 「高域の不足」 を緩和するために、その後ツイーターを追加しました。
(1μFのコンデンサ1個を接続しただけなので、スーパーツイーターというほうがいいかもしれません)

オメガの会でおおむね不評だった(^▽^;)天板の上の 「反射板」 ですが、取り去るどころかそこにツイーターを取り付けるという事をやっております。

スピ再研オフ会 バンビーノ
(真ん中のスピーカーは部外者です)

さらに天板にはピラミッド状の構造物も追加されていて、わけわからん状態ですね。

このピラミッド、どういう働きをしているのかいまいちハッキリとはわかりませんが、コレを置いたほうが音に存在感がでます。
形状もこれがベストかどうかはわかりませんが、ダンボールを使っていろいろと実験した限りでは一番よかったように思います。
後方ユニットの延長バッフルとして働いているのか、3個のユニットからの音をスムースに空間に導くためのイコライザとしての働きがあるのか、予想できるのはそんなところでしょうか。

音のほうですが、普段は狭い8畳ほどの空間で聴いていたので、オフ会で大きな音を出すのが楽しみでした。
しかし!!

実際に大音量で鳴らしてみると、音が濁りまくり。。です(^‐^;)
これには参りました。

エンクロージャはまだ未完成で、底板なんかは接着すらしていない状態だったというのもあるんですが、どうやらユニットの振動板部分からエンクロージャ内部の音が漏れ聴こえているようです。

容積が54リットル程度(第一空気室)のところへ30cmユニット1発と25cmユニット2発を付けてあるので、大音量時の内部の音はすさまじいと思われます。

さらに口径の大きいダクトからの音の濁りもあるかもしれません。多分あるでしょう。

音質的にはかなりの課題があると感じました。


音場感もいまひとつです。

後方のユニットは、もう少し音圧レベルを上げてもいいかもしれません。
狭い部屋なら気になりませんが、広い部屋だと奥行き感、左右の広がりが足りません。

これはN.D.R.システム本来の音ではないですね(;^‐^;)


大口径フルレンジの指向性の狭さも問題です。
サービスエリアがやっぱり狭い!

まだまだ課題は山積みですね…。

次回もバンビーノの続きです。もうちょっとやります……すんません!

スピーカー再生技術研究会 オフ会 レポート その3

.15 2010 スピーカー再生技術研究会 comment(2) trackback(0)
作品の聴き比べコーナー、3番目は Kさん。

Kさんの作品、一見してその 「ゲテもん」 風の外観(ごめんなさい!)に興味をもってしまいました(^▽^;)

スピ再研オフ会 Kさんデモ

MCAP-CR型のシステムで副空気室が4つあり、設計していくと必然的にこの形状になったということです。
つまり、機能美なんですね。私のゲテもんとは一線を画します(^‐^;)

本体パイプ部分はボイド管(紙管)を使用されています。
そのため塩ビ管よりも塗装の自由度が高いそうです。

システムは見た目以上に軽かったですが、そこから出てきた音には驚きました!

スリムな外観からはまったく想像できない重低音。
それもかなり 「質感の高い」 低音域です。
紙管という素材も良い影響を与えているんでしょうか。

JAZZベースの音程もはっきりと聴き取れるし、管独特の響きもほとんど感じられません。

紙管を使ったスピーカーシステムの大いなる可能性を見せていただいた作品でした。

Kさん、ご出品どうもありがとうございました!



4番目は Fさん の作品です。

この作品は塩ビ管を使ったシステムです。

スピ再研オフ会 Fさんデモ

Fさんと同じくMCAP-CR型のシステムですが、副空気室が2つのためにシンプルな形状です。

でもルックスがおしゃれなんですよ!

塩ビ管は塗装がすこし厄介ですが、Fさんは塗装ではなく 「壁紙」 を使って仕上げられています。
それもジョイント部品は塩ビの色をそのまま生かし、パイプ部分のみに壁紙を貼ることによって、とてもオシャレなツートンカラーに仕上がっています。

脚の部分にはホームセンターで入手できる素材(植木鉢ホルダ?)をうまく使って、おもしろいデザインになっていました。

ユニットはフルレンジに見えますが、同軸2WAYユニットです。

ツイーターが前に出ているデザインのユニットなんで、高域が遠くまでよく飛んできます(位相の関係もあるかと思いますが)
MCAP-CR型なので、低音もバランスよく出ています。

バッフル板がないためか指向性の広さもバツグンで、かなり横の位置で聴いても高域不足は感じませんでした。
塩ビ管のエンクロージャー、いいですね!(^‐^)
私も作りたくなってきました♪

Fさん、ご出品どうもありがとうございました!

あっ!そうそう!

Fさん、先日最終審査が行われたSTEREO誌主催の自作スピーカーコンテストで、なんと! 「1位」 を獲得されました!\(^〇^)/
凄いですね~!!o(;≧▽≦;)o

Fさん、どうもおめでとうございます☆

作品はSTEREO誌11月号に掲載予定です。
みなさん、ぜひぜひお買い求めください(笑)


そして、聴き比べコーナーの最後は Iさん です。

Iさん、この日は新幹線で来られたそうなのですが、なんと作品をご自分で持ってきてくださいました!

実は Iさん、STEREO誌の自作スピーカーコンテストで見事 「3連覇のグランプリ」 を受賞された方です。
「ええっ!あの人ですか!」 と思った方、その人です(^‐^)♭

Iさん のデモは予定にはなかったのですが、急遽デモをお願いすることになりました(^‐^)

スピ再研オフ会 Iさんデモ

作品はFOSTEXのユニットを使った2WAYシングルバスレフシステムです。

ダクトはけっこう長く、チューニッグは低めに設定されているようでした。
まだ試作段階ということで、MDFの外観そのままですが…。

音が出てすぐに 「ああ、これがグランプリを受賞された方の音かぁ。。。」 と実感してしまいました。

今まで聴いたことがない 「フラット感」 です。
高域から低域までグラデーションでつながっているような…。
「なにも足さない、なにも引かない」 がピッタリな表現ですかね。

特別かわった細工はされていないとのことですが、ここまで音質を追い込めるもんなんですね。

Iさん がおっしゃるにはまだまだ調整不足で、ツイーターも今のままでは良くないそうですが…。
私なら、もうこれで十分OKなんですけどね(^▽^;)

Iさん、ご出品どうもありがとうございました!

そうそう!

Iさんも、今回のSTEREO誌のコンテストで、なんと 「特別賞」 を受賞されました!\(^〇^)/
Iさん、どうもおめでとうございます☆

これでSTEREO誌11月号を買わない理由はなくなりましたね(笑)
どうぞ書店でお求めください!

ということで、出席者の方による作品の聴き比べコーナーは大盛況のうちに終了しました。
参加いただいたみなさま、どうもありがとうございました!

次回は私のバンビーノのデモからですが…えらい人の後になってしまいました(/▽\;)
期待せずにおまちください(;^‐^;)

【ブログの写真につきましては、写っておられる方の了解を得て掲載しております】

スピーカー再生技術研究会 オフ会 レポート その2

.13 2010 スピーカー再生技術研究会 comment(0) trackback(0)
レポート その2 です!

プログラムの2番目は、「出席者の作品を聴くコーナー」 です。

大切な作品をご披露いただいたみなさま、どうもありがとうございます!
ある方は車で、ある方は宅配便、そしてある方は電車で作品を持参いただきました。

それぞれご準備や道中たいへんだったと思います。
みなさんのご協力、感謝いたします!


ではでは、その作品を聴かせていただくことにしましょう。

トップバッターは Oさん です。
たまたま一番前のテーブルに作品を置かれていたんで、トップバッターをお引き受けいただくことに。。(^▽^;)

Oさん、突然の指名で驚かれたと思いますが、快く応じていただきありがとうございました!

スピ再研オフ会 Oさん発表
(矢印の作品です。メープル調の仕上げが美しいですね)

作品は、鈴木会長のホームページで公開されている図面を参考にして作られたという MCAP-CR型 のシステムです。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、エンクロージャの上部にはスーパーツイーターと、ケースに入ったネットワーク回路が設置されています。

ツイーターはかつて一世を風靡した テクニクスの EAS-5HH10 ということで、このユニットの話題でちょっと盛り上がったりもしましたね(^‐^)

明快ながら厚みも十分感じさせる音で、MCAP-CR型の低域補完が威力を発揮してました。
遠くまで良く届く音で、はなれたところで聴いても明瞭です。
追加のスーパーツイ-タも効いているんでしょうね。

自作システムはまだ2台目というのをお聞きしてビックリしました。
もっともっと作られているかのような完成度でした。

Oさん、ご出品どうもありがとうございました!


2番目は Uさん です。

Uさんは大阪の方。
この日のために夜行バスで駆けつけていただきました。

発表いただく作品は MCAP-CR型 に似たマルチバスレフ方式のシステムです。

スピ再研オフ会 Uさんデモ

一見バックロードのようにも見えますが、ちがいます。

ショートホーンの根元部分にはダクトの開口部が4つ並んでいて、ダクトに少しホーンロードをかける構造になっているようです。

MCAP-CR型とは異なり、内部のダクトの共振周波数を外部のダクトよりも低く設計されています。
今まで200種類以上のスピーカーシステムを作られてきたという経験から、このような設計になったそうです。

実はこの作品、以前Uさんのご自宅で聴かせていただいたことがあります(^‐^)
なので、音の感じは知ってました。
この広い会場で鳴らしたらどうなるか。。。すごく興味がありました。

私の持ち込んだ SATRIアンプ でのデモだったんで出力がちょっと小さかったですかね(最大出力10W!ちいさっ!(><)

でも、Uさんがデモに使われた女性ボーカルのようなソースでは全然問題ありませんでしたね。

音はとてもナチュラル。

低域も十分出ているんですが、いわゆる「オーディオ臭い低音」とはかなり違います。
ドンシャリとは対極の音といえばいいんでしょうか。
私個人としては好きな音ですね(^‐^)

Uさん、遠方からのご出品どうもありがとうございました!

今回はここまでです。
まだまだ出品作品のデモは続きます。

どうぞおたのしみに!(^‐^)

【ブログの写真につきましては、写っておられる方の了承を得て掲載しております】

スピーカー再生技術研究会 第一回オフ会 レポート その1

.12 2010 スピーカー再生技術研究会 comment(0) trackback(0)
おまたせいたしました!
スピーカー再生技術研究会オフ会のレポートです。

要点的なレポートはすでにいろんな方がブログなどにアップされているので、私は枝葉の部分を中心にお伝えしましょう(^‐^)♭

23日のオフ会当日は朝9時前から搬入作業があるので、前日には東京入りしなくてはなりません。
さらに出品物のスピーカーシステムを持参するので、どうしても車で行かなくてはならない。。。

ということで、22日の朝には大阪を出発しました。

この日の晩に会長の鈴木さんと当日の打ち合わせをする事になっていたので、余裕をもって出発したんですが…。
東名高速の浜松あたりで「上り線、事故のため通行止め」との情報がはいりました。
どうやら清水あたりで大きな事故があったようです。
しゃーないんで、牧之原SAで復旧を待つことにしました。

40分後ぐらいに開通はしましたが、「渋滞20キロ 通過120分」の表示が。。。
おかげで、富士山がよく見えました(^▽^)ゞ

スピ再研オフ会 富士山

東京に着いたんが21時半ごろ。
私がホテルの部屋に着いたとたん(ほんまに着いたとたんでした)鈴木さんから電話があり「今、ホテルのロビーに来ています」の声。
こんな事ってあるんですねぇ。
まったくロスなし。ジャストタイミング!

この日は鈴木さんもお仕事で遅くなってしまったとのことでしたが、ほんとうにちょうどよかったです(笑)

すぐに近くの店でビールをガンガン飲みながら(^▽^;)、明日の搬入の時間と段取りをかる~く確認しました。あとは雑談漫談よっぱらい~…です(笑)
またまた鈴木さんにごちそうになってしまって。。。(いつもそう)
気分上々でホテルにもどりました。


さて、当日です。
窓の外はどうやら雨のようです。

打ち合わせどおり8時45分には会場に到着。
お借りする視聴覚室に行くと、すでにNさんが来られていました。

Nさんとは初対面でしたが、とても感じのいい方でさらに力持ち!私の荷物の搬入をテキパキと手伝ってくださり、ほんとうに助かりました。
Nさん、どうもありがとうございました!\(^〇^)/

車をホテルに戻し、徒歩で再び会場に到着したころには会長さんと数人の会員の方がお手伝いに来られてました。みなさん、どうもありがとうございます!!

搬入したシステムを適当に配置していると、それらしい雰囲気になってきました。

スピ再研オフ会 開会まえ

開会前やというのに、すでに10人ほどのメンバーが集まっています。
おたがい初対面の方も多かったと思うんですが、みなさんすぐに打ち解けて和気あいあいのリラックスモードです。

「開会前にこれだけ人集まっていただいてるし、もうなんとかなりそうですね」と会長さんと二人でほくそえんでました(^‐^)(^‐^)

そろそろ腹もへってきたので、近くのホカ弁屋までみんなで弁当を買い出しにでかけることに。

私が能天気に弁当を買いに行っているあいだ、会長の鈴木さんは来場者のためにおにぎりとお茶の買出し、オフ会で使う書類のコピーと、仕事をテキパキとこなされています。

もうおわかりかと思いますが、スピーカー再生技術研究会は鈴木会長がほとんどお一人で運営されてます。
副会長(私)は名前だけです。あまり役にたちません。よくおぼえておいてください。笑


鈴木会長の挨拶で、いよいよ第一回目のオフ会がはじまりました!

プログラムの1番目は、鈴木会長の研究されているMCAP-CR方式のバリエーションの聴き比べです。

外見は同じスピーカーシステムが3組出てきました。

スピ再研オフ会 MCAPききくらべ

システムの中身は、MCAP-CR方式、CBS-CR方式、AICC-CR方式 の3種類。
それぞれダクトのつなぎ方が異なっていて、音の傾向も違います。

以前、鈴木さんのご自宅でこれら3種類の聴き比べをしたことがあります。
そのとき一番気に入った音だった AICC-CR方式 がどんな感じに鳴ってくれるんでしょうか。

スピ再研オフ会 会長デモ
(会長の説明と試聴。左上のアイボリー色のシステムがデモ中!)

今回の会場は広いので、ユニット限界近くまで音量を上げて鳴らすことができました。
とくにAUDIO BASICの付録CDのドラムスが素晴らしかったですね!
もはや8cmユニットとは誰も思わないような音。

みなさんの感想では、CBS-CR方式、MCAP-CR方式、AICC-CR方式の順で良かったとのこと。おや?(笑)

でもみなさん、ちゃんと聴き分けできるのが凄いですね!
とくに大音量で聴くと、私には正直、どれが一番いいかはわかりませんでした(^▽^;)(もっと修行せい!)
というか、どれも甲乙つけがたいすばらしい音でした!

これらの方式については鈴木会長のホームページに詳しく書かれています。
興味のある方は参考になさってくださいね。

今回はここまで。
次回はプログラムの2番目、「参加者の作品を聴く」というコーナーからです。

力作が多数登場します。どうぞお楽しみに!(^‐^)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。