スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QNDRシステムの試聴です!

.17 2010 MCAP-CRシステム comment(4) trackback(0)
おまたせいたしました!\(^〇^)/
QNDRシステムの音についてレポートしていきます。

まずはJAZZ(ベース)から。

「RON CARTER」(ロン カーター)のアルバム 「It’s the Time」 です。

いきなりものすごい低音がでてきてビックリ!!

このアルバム、多少ベースの音が大きめに(しかもオンマイクぎみに)収録されているんですが、それでもすごい量感です。
高域が少し甘く感じたんですが、低音との相対的なものかもしれません。

次は 「リスト ピアノ協奏曲第2番 小澤征爾 ボストン交響楽団 ピアノ ツィマーマン」(グラモフォン)

クラリネットとファゴット、フルートから静かにはじまる冒頭部分は、空間の雰囲気バツグン!
なかなかいい感じです(^‐^)

一方、ピアノは力強いけど、さすがに最低音あたりは苦しそうです。
クレッシェンドしなから下降する部分では、途中からクレッシェンドが止まってしまう感じになりますが…それでもわずか6cmのユニットを使ったシステムであることを考えれば、低域はずいぶん下まで聴こえます。

やはり、ロン カーターのCDと同じく、全体的に高域が甘めの印象がありました。

ここで鈴木さんのお持ちのCDにチェンジしてみました。

曲は同じ、リストのピアノ協奏曲第2番。
(Dmitri Kitajenko 指揮 Bergen Philharmonic Orchestra ピアノ Leif Ove Andsnes )

いやぁ~まったくちがいますね!(^‐^;)
音質から録音バランスなんかも全然違うんですが、なんといっても演奏表現がまったく違う!
まるで違う曲を聴いているようです。
こちらの演奏は抑揚をふんだんにつけて、なぜか楽しそうな?雰囲気の演奏ですね。

曲の解釈がちがうと、こんなにも変わるものかと…音質評価そっちのけで(^^;)しばし、鈴木さんと演奏表現の違いで盛り上がってしまいました(;^▽^;)

音質評価にもどりましょう。

次はピアノとベースのデュオ。

「デューク エリントン(ピアノ)とレイ ブラウン(ベース」」の「This One’s for Blanton」 です。

このアルバム、とくにピアノの録りかたが独特で、ピアノの筐体の中にマイクをつっこんで録音したような感じの音です。
弦の音がすぐそばで聴こえるのでキツめの音なのですが、QNDRシステムでは適度にやわらかく聴こえました。
やはり高域がすこし弱いのでしょうか?

ここまで聴いて、鈴木さんが 「私の持っているソフトでは、逆に高域がキツイ(よく出ている)と感じるものもたくさんあるんですが…」
とおっしゃったのでビックリ!

出してきていただいた 「グレゴリオ聖歌隊」 のCDをかけると…なんとも自然で空間の広さを感じさせる音です!
鈴木さんがおっしゃるとおり、高域に不足感はまったくありません。

続いて聴いた 「チャイコフスキー ロメオとジュリエット マゼール指揮 クルーヴランド管弦楽団」(テラーク) も音域バランスは良好で、高域の甘さは気になりません。
音場感も自然です。

ソフトによって、こんなに違うものなのか??\(゜〇゜;)/

さらに、AUDIO BASIC付録のCDから、ベースの音、ブラスアンサンブルなどを聴かせていただいたんですが、どれも自然で誇張感のない音です!

ソフトによって、音の評価がかなりかわるシステムですね。
なぜなのかは、今後の研究課題です。


ここからは、N.D.R.的?な特徴がどれぐらい出ていたかについてのレポートです。

N.D.R.システムは、音場はスピーカーシステムの後方に奥行きをともなって展開し、スピーカーよりも前には音像は出てこないという特徴があります。

QNDRシステムは、この条件を満たしていました。
多少音場の深さが浅い感じはありましたが、これは後方のユニットの取り付け角度の違いによるものかもしれません。
また、4つのユニットの音圧調整ができれば、もっと追い込めるかもしれません。

これも今後の研究課題です。

あと、N.D.R.システムとの違いとして、「音像定位がすこし甘くなる」 という傾向がありました。
これは、「直接波用のユニットが2発に分かれている」 ことと、「それぞれが45度という角度で左右に振られている」 ことに起因するのかもしれません。

逆に、N.D.R.システムよりすぐれた特徴も持っています。
それは、「リスニングエリアがかなり広い」 ということです。

左右のスピーカーのセンターからかなりはずれても、立体感は損なわれません、
もちろんセンターで聴くときが音質的にはベストですが、はずれた位置でもそんなに不満は感じません。

これは素晴らしい特徴ですね。

この特徴を生かしたままで、N.D.R.システムの確かな定位感が実現すれば、かなり満足度が高いシステムになると思われます。

9月23日のオフ会ではこのQNDRシステムをお聴きいただけますので、是非みなさんの耳で評価してみてくださいね(^〇^)
スポンサーサイト

Quasi-NonDimensional Radiation (QNDR)システム!

.12 2010 MCAP-CRシステム comment(2) trackback(0)
スピーカー再生技術研究会の会長である鈴木さんのご自宅におじゃましてきました!

新作の 「Quasi-NonDimensional Radiation (QNDR)システム」 を聴かせていただくためです。
関西弁以外の言語によわい私には、思いつきもしない名前のシステムですね(^▽^;)

システムは、鈴木さん開発の 「MCAP-CR」 方式のエンクロージャなんですけど、N.D.R.システムの要素を取り入れた新しいタイプです。

しかも、通常のN.D.R.システムとは異なり、ユニットを4本使ってあります。

どんなんかというと、こんなんです ↓

QNDRシステム 写真

三角柱を基本形状とするN.D.R.システムとは異なり、四角柱(箱形)を45度回転させて設置したような形状です。

「なんや!N.D.R.システムとはぜんぜん別もんやん!」 というにはまだ早い!

次の図は、N.D.R.システムと、QNDRシステムのユニット配置を比べたものです。

N.D.R.と QNDR

Aのユニットが正面用(直接波用)、B,Cのユニットがそれぞれモノラル成分用、ステレオ成分用です。

QNDRシステムは、直接波用のユニットが2本になっていますが、A,B,Cのユニットの位置関係をよく見ると、両者とも三角形を形成している(黒線の三角部分です)ことがわかりますね。

ユニット同士の角度こそちがいますが、配置の基本は同じに設計されていることがわかります。

また、N.D.R.システムでは、Aユニットの音圧をB,Cユニットよりも少し上げてやると良いのですが、QNDRシステムでは、Aユニットとして2本使うことでB,Cユニットよりも音圧を上げられるように設計されています。

なんと計算されたシステムなんでしょうか!!\(゜〇゜;)/

N.D.R.システムの特徴をちゃんとふまえて、「製作のしやすい立方体のエンクロージャ」 と、インピーダンス調整が最もしやすい 「ユニット4発の使用」 という長所も併せ持っています。

理論派の鈴木会長ならではの超クレバーなシステム!!
いったいどんな音がするんでしょうか??

試聴の結果については次回にレポートします!おたのしみに!(^‐^)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。