スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チープに音出し」 さんとリンクを張らせていただきました!

.12 2010 【リンク更新情報】 comment(2) trackback(0)
9月に開催されたでスピーカー再生技術研究会で、私のトライポッドを快く(笑)引き取っていただきました ケイさん のブログ 「チープに音出し」 さんとリンクを張らせていただきました!(*^〇^*)

このブログ、訪れた方はご存知かと思いますが、毎回手描きのイラストが添えられています。
これがまた面白い!

イラストはスピーカーシステムの容姿や構造が大半なんですが、ちょこっとお遊びキャラが登場したりします。

こういうイラスト入りのものは、技術系のブログではあんまし見かけませんね。
なんか、すごく新鮮ですよ☆

ケイさん、現在は 「密閉型」 のシステムについて、新たな試みをされているようです。
その様子も詳細に書かれています。

バスレフ型 の研究は多くの方がされていますが、密閉型 の新たな研究はあまり聞きませんよね。
着眼点も斬新ですよ~w

図解も豊富で楽しめるので、ぜひ ケイさん のブログ 「チープに音出し」 をのぞいてみてくださいね!
スポンサーサイト

集まれ塩ビ管スピーカー さんとリンクを張らせていただきました!

.26 2010 【リンク更新情報】 comment(2) trackback(0)
スピーカーシステムのエンクロージャーに 「塩ビ管」 を使った作品が中心のホームページ 「集まれ塩ビ管スピーカー」 さんとリンクを張らせていただきました!\(^〇^)/

塩ビ管スピーカーという、一見ゲテもん風のシステム(すんません!)を、広く世間に知らしめた有名なホームページです。
出版物やテレビ番組などでも多数紹介されていますので、スピーカーシステムを自作される方ならどっかでご覧になっているかもしれませんね。

エンクロージャの材料として塩ビ管の可能性を追求される人は多く、このページにもたくさんの作例が寄せられています。
「木でエンクロージャーを作るんはちょっと…」 という方でも塩ビ管なら始めやすいかも!(^‐^)

先日開催させていただいた 「スピーカー再生技術研究会」 でも、塩ビ管(紙管)のシステムは素晴らしい音を聴かせてくれました。
作り方によっては、従来の箱型のものよりも良い音にすることができる事を見せて(聴かせて)いただきました。

実は私も、ひそかに次回は塩ビ管(紙管)を使ってみたいなぁと思っていたりします (*≧▽≦*)♪

とにかく、パイプを使ったスピーカーシステムの研究では日本一(世界一かも!)のホームページです。


さらに、この「集まれ塩ビ管スピーカー」 を主宰されておられる 「たてちゅうさん」のブログともリンクさせていただきました!

たてちゅうさんは、テレビや出版物にも出られている有名な方です☆
私どものスピーカー再生技術研究会の会員にもなっていただいてます!

たてちゅうさん、塩ビ管スピーカー愛好家のみなさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆m(‐‐)m

「うみ電☆やま電」 さんとリンクを張らせていただきました!

.04 2010 【リンク更新情報】 comment(0) trackback(0)
今回リンクを張らせていただきました 「うみ電☆やま電」 さんは、最近創設されたサイトだそうです。

うみ電やま電さんロゴ
(うみ電☆やま電 さんのロゴ。おしゃれです!(^▽^))

「うみ電」 というのは 「江ノ電ジオラマ」 さん。
「やま電」 というのは 「函音登山鉄道(レイアウトを作ろう・再起動)」 さん。

そして!このジオラマ横綱級の二者がタッグを組まれて 「うみ電☆やま電」 さんが結成されました!!\(≧▽≦)/

江ノ電ジオラマさんも函音登山鉄道さんも akiba:F の展示に参加されておられるので、その素晴らしい作品については以前このブログでもご紹介させていただきましたね(^‐^)

で、この二者がタッグを組むと…そりゃあ、凄いことになるわけです!

タッグ後の初作品発表は、8月の国際鉄道模型コンベンションで見られるかも!!(≧m≦)

うみ電☆やま電」 さんからの、今後の情報発信にご注目ください!!

「趣味なんだってば」 さんとリンクを張らせていただきました!

.02 2010 【リンク更新情報】 comment(2) trackback(0)
ブログ 「趣味なんだってば」 さんは、鉄道模型関係?の製作に携わる技術者の、ミリタリー模型関係?のブログです(^▽^;)

ブログオーナーの 「江ノ字」 さんは江ノ電ジオラマ作品にも関わっておられる方なので、最近の記事は鉄道関係が多いのですが、もともとミリタリーやガンプラ関係の作品が中心だったそうです。

鉄道模型もミリタリー模型も製作過程は似てますから、参考になる記事も多いですね。

ディエゴスティーニの 「空母赤城」 の製作記事も書いておらるんですが、読み物としても面白いです。
とくに、パーツの仕上げ(修正作業?)などの苦労と実践的な行程がわかりやすい!

全部で100刊まであるというこのシリーズ。
完成までの記事がすごく楽しみです!(*^▽^*)

江ノ字さん、他のディエゴスティーニのシリーズも、ぜひ記事にしてください!o(*^▽^*)o

「綾雄鉄道」 さんとリンクさせていただきました!

.29 2010 【リンク更新情報】 comment(0) trackback(0)
Nゲージレイアウトのホームページ 「綾雄鉄道(りょうゆうてつどう)」 さんとリンクを張らせていただきました!\(*^▽^*)/

このページのマスター 「yu(ゆう)」 さんが製作されている 「綾雄鉄道」 という作品。
とにかくリアルです!

どうすれば、Nゲージを 「本物っぽく魅(見)せられるか!!??」 というところに特化したホームページです!

「リアル系」 のレイアウトを目指されている方には、間違いなく!ぜったいに!オススメです。o(*^▽^*)o

ページでは写真と動画が見られるようになっていますが、一見してそのリアルさに驚きます。
撮影の技術もすばらしいのです。

どんな感じなのか!? ちょこっと画像をお借りしてきました。(*^‐^*)

綾雄鉄道さん レイアウト 1

綾雄鉄道さん レイアウト 3

綾雄鉄道さん レイアウト 2

綾雄鉄道さん C62

これらは写真ですが、動く映像もとてもリアルです。

カメラのズームとパンの技術が非常に高いので、Nゲージを撮影しているようには見えません。
列車がカーブにさしかかると、車体をバンクさせながら走り抜けていくさまは、実車すら連想させます。

製作方法などもとても詳しく丁寧に書かれていますから、全部を読もうとするとかなりの時間が必要ですが、もちろんその価値は充分あります!!

ぜひぜひ一度ご覧くださいね!(^▽^)

【掲載している写真は、著作者であられる yuさん の許可を得て使用させていただいております。なお写真の著作権は、すべて yuさん にあります。無断使用、転載は堅くお断りします。ご了承ください】
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。