スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンサンブル・レブール!

.31 2010 演奏会 comment(0) trackback(0)
いつも試聴会などで大変お世話になっている 「SAWADA AUDIO」 さん。
きょうは、その SAWADA AUDIO さんで行われた 「ホームコンサート」 にいってきました\(^〇^)/

今年にはいってはじめての 「ニューイヤーコンサート」 です。

SAWADA AUDIO の澤田さんがプロデュースするこのコンサート、今回はクラリネット2本とピアノ、それにソプラノの豪華構成です!

クラリネットの松村麻未さんと宮本奈実さん、それにピアノの宮本瞳さんで 「アンサンブル・レブール」というトリオを結成されていて、それに今回はソプラノの北野加織さんがスペシャルゲストとして加わった新構成です。

会場は以前のブログでもちょこっとご紹介させていただいた、SAWADA AUDIO さんの二階にある小ホールです。
2部屋ぶち抜きで40~50畳ほどある空間に、グランドピアノが常設されています。

SAWADA AUDIO ホール

きょうはココに45名ほどのお客さんがつめかけて大盛況の状態の中、コンサートがはじまりました。

一曲目から2本のクラリネットとピアノが見事な掛け合いを聴かせてくれて思わず引き込まれます。
曲はメンデルスゾーンの 「演奏会用小品 第二番 ニ短調 作品114」 という作品で、私ははじめて聴きましたが面白い曲ですね。
アップテンポでの掛け合いはとても見事で、2本のクラリネットが1本に聴こえました!

宮本奈実さんのクラリネットと宮本瞳さんのピアノによるドビュッシー 「第一狂詩曲」 も、普段聴いているオルガンや弦のドビュッシーとは趣の違う感じでおもしろいですね。

そしてソプラノの北野加織さんが加わって、シュポアの 「6つのドイツ歌曲 作品103より」を演奏されました。

私は北野さんから2mもはなれていない席だったのでその声量に圧倒されてしまいましたが、それでも会場の広さを考えて普段よりもずいぶん控えめに歌われたようです。

その後もAとB♭(アー管とベー管≪アーカンベー管?≫)のクラリネットによるハーモニーや、耳なじみのある日本の唄を題材とした曲などプログラムもバラエティに富んでいて、あっという間に時間が過ぎてしまいました(^‐^)

演奏会終了後も出演者のみなさんといろんな話(ここではお伝えできません…(^^;)で盛り上がってとても楽しい時間を過ごさせていただきました(^‐^)

S.A.ニューイヤーコンサート 出演者の方々

左からピアノの宮本瞳さん、クラリネットの宮本奈実さん、ソプラノの北野加織さん、クラリネットの松村麻未さんです。で、中央の彼は??

S.A.ニューイヤーコンサート ピライさん

最後の最後、観客として来られていたのに、みんなのゴリ押しリクエスト?に負けて熱演するピアニストの 「ピライさん」 こと平井さん(漢字あってます?)でした!
ピライさん、迫力のパフォーマンスどうもありがとうございました\(^〇^)/

出演者のみなさん、澤田さん、そしてお話させていただいたみなさんも、どうもありがとうございました<(_ _)>
またお目にかかれる日を楽しみにしております(*^_^*)

P.S.
ソプラノの北野加織さんから集合写真を送っていただきました(^‐^)
どうもありがとうございます!<(_ _)>

出演者のみなさんと!

【写真は、写っておられる方の了解を得て掲載させていただいてます】
スポンサーサイト

ボサノバボーカリスト、菊丘ひろみさん!

.29 2009 演奏会 comment(0) trackback(0)
「ボサノバ」というジャンルは好きなのですが、CDは今まで一枚ももっていませんでした。
ボサノバ音楽のコンサートにも行ったことがありません。

ところが今月の20日、ボサノバボーカルの “菊丘ひろみさん” のライブを聴けるという、なんともラッキーな機会がやってきたのです!\(^〇^)/

私(と嫁さん)の席はステージにメッチャ近く、菊丘さんとの距離は3メートルもありません(゜‐゜;)
50人は入れる会場なので、もちろんマイクを使ってPAで拡声しているのですが、私らの席があまりに近いので菊丘さんの肉声が聴こえるんですよ。

この日は私の大好きな曲「ワンノートサンバ」からスタート!
会場のお客さんには「シェイカー」がくばられ、みんなでシャカシャカ!
とても一体感のあるコンサートでした。

菊丘さんはもちろん日本人の方ですが、ポルトガル語の歌詞をまったく違和感なく歌われます。
とてもソフトなその歌声だけ聴いていると、まず日本人とは思いません。
なんかアテレコしているみたいな、不思議な感じでした(^‐^)

そのやわらかな歌声に嫁さんも大感激!
さっそくCDも購入させていただきました。

コンサート終了後には、お願いして一緒に写真を撮っていただきました。ミーハー夫婦やね。(^^;)(^^;)

菊丘さんと

なお、菊丘ひろみさんのCDは、Sony Records Int′l から発売されています。
録音もいいですよ。

ボサノバボーカルを聴いてみたい!という方はぜひぜひ!
とてもお奨めです。
ソフトな歌声に癒されますよ(^^)

その後、メキシコ音楽のライブもあって大盛り上がりでした。

最後はお決まりの 「スプーン曲げ実験???」 です。
(ユリ・ゲラーを知っている世代の方ならピンときますが、そうでなければわからんかな?)

結果からいえば、「嫁さんはスプーンを簡単に曲げてしまいます」
私はてんで曲がりません。曲がる気配すらありません(-_-;)

嫁さんはなんと、10分たらずで2本のスプーンを曲げてしまいました。↓
そのうち1本はグルグルに巻いてしまい、私は唖然とするばかり!\(゜〇゜;)/

嫁さんの曲げたスプーン

このとき会場でもうまく曲げられたのは 「女性」 が多かったですね。
私を含め、近くのテーブルにおられた男性の方々は皆さんまったく曲がらず…(-_-;)(-_-;)(-_-;)です。

しゃくなので、このことはブログにはアップしないつもりだったんですが…なに事でも、実験の結果は事実として認めなければいけませんからね。
それが「ゲテモもん実験室」の趣旨でもあるわけです。

「スプーンはステンレス製やから、こんなもん曲がるわけないやろ!」 と心のどこか(潜在意識?)で思っていると曲がらないようです。
私もまだまだ 「頭がかたい」 です…(^^;)

話がずいぶんボサノバから離れてしまいましたね。

でも、いったいこれは何の会???(?〇?)

↓実は、この方が率いる忘年会なのでした!(^‐^;)

矢追さんバースデー

赤坂で行われたこの忘年会、その名も「矢追純一スペシャル」!(^^;)

矢追さん、来年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>_(._.)_

それから菊丘ひろみさん、またライブいきますね!良いお年を!\(^〇^)(^o^)/
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。